私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

自転車専用レーンの路上駐車より逆走が危険、車道が安心?

「あっ! 危ない!」

 

自転車に乗ってると一度や二度は必ず

なにかしらヒヤリとした経験があるものです、

自動車も同じですが道路を走る以上は

不意のアクシデント、トラブルは避けれませんので。

 

それで近年チラホラ見かけるようになったのが

自転車専用レーンです(岡山駅前にもあります)

 

自転車専用道は縁石、ガードレール等で

歩道、車道と分けられてるモノを言い、

今回テーマとする自転車レーンとは

車道の左端にある専用レーンのことになります。

 

路上駐車よりやっかいなアレ

20110721_2564006

ペイントされることが多い自転車レーン

 

いわゆるサイクリングロードとは違って

車道の左端にある程度マージンを確保して、

青色などで塗装された自転車レーンを言います。

 

縁石、ガードレールなどで車道と分離されてないので

自動車が路上駐車をすると道がふさがれます、

なのでクロス、ロードバイクに乗る方はもちろん

自転車通勤などで通る人も困ってるようです(汗

 

この場合、歩道に入るか、

車道にふくらんで走ることになり

走っててストレスが溜まるのは事実でしょう。

 

しかしもっと危ないのは

歩行者と逆走自転車です。

 

自転車レーンは車道なので

基本的に歩行者は通行禁止なのですが

そんなことおかまいなしに歩く人はいます(;^ω^)

 

他の都道府県をサイクリングした時に

自転車レーンを発見したことがありますが、

交通量が多いところに設置されることが多いです。

 

そりゃ田舎で歩行者も自転車もいないような所に

自転車レーンを作ってもお金のムダですからね(笑)

 

なので人ごみを嫌う歩行者が

空いてる上に車道までのマージンが広い

自転車レーンを歩くということはあります、

まあ自転車レーンじゃない車道を

ランニングする人とかはいますからね(;^ω^)

 

歩行者通行禁止だからって

ひくわけにもいかないので危険なのは事実です、

特にいきなりヒョイっと出てこられたら怖いですね

 

逆走する自転車が一番恐い

路上駐車する自動車は止まってますし、

歩行者もスピードがゆっくりなので

こちらが気を付ければ大丈夫です、

急に自動車のドアを開けられたり

歩行者がヒョイっと入ってこないかぎりは(;^ω^)

 

一番恐いのは逆走をする自転車です。

 

自転車も車両なので逆走は禁止されており、

違反者には3ヶ月以下もしくは5万円以下の罰金ですが、

そもそも知らないって人が多いです…

 

スマホをいじりながらの走行、無灯火自転車なども

罰則、罰金の対象ですがふつうに見かけますし、

逆走なんて日常茶飯事のようにみます(;^ω^)

 

20110721_2564006 - コピー

逆走自転車がきたら逃げ場がない

 

左側の歩道に縁石、右側に自動がいる状態で

前から逆走自転車がきたら逃げ場がありません。

 

自転車がすれ違えるだけの

幅がある自転車レーンもありますが、

用地の関係で1台分しかないところもあるので。

 

それで逆走してきた自転車が

車道側にふくらんでくれるなら分かりますが、

歩道側にベタ付けでゆずらない人もいます。

 

なので仕方なくこちら側が危険を承知で

車道側にふくらんで避けることもありますし、

対抗して歩道側をキープしたら正面衝突しそうになり、

なぜか逆走した相手がキレるケースもあるとか…

 

自転車は歩行者に比べるとスピードが早いのと

逆走された場合はお互いが前に進んでるので、

余計に危ないんですよね(;^ω^)

 

プロショップの店長さんとかでも

自転車レーンは逆に危ないから

ない方が良いって人もいますからね~

 

みんながマナー、ルールを守れば

自転車レーンは快適なんでしょうけど、

道路交通法の改正とか言ったところで

知らないって人が多いですからね。

 

縁石で車道と自転車レーンを分ければ

路上駐車はなんとかなりますが、

自転車の逆走はなくならないから

設備を整えてもダメと思うと何だかな~ですね。


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ