ご案内

【ロードバイク乗り必見】自転車運転者講習制度スタート

平成27年6月1日より悪質な自転車運転者は

講習を受けないといけなくなりました。

 

ママチャリはもちろんですが

クロス、ロードバイク、MTB、シクロクロスも

自転車になるので当然のように適用されます。

 

・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者用道路の車両義務違反
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・遮断踏切立ち入り
・交差点安全進行義務違反
・環状交差点安全進行義務違反
・指定場所の一時不停止
・歩道通行時の通行方法違反
・ブレーキ不良自転車運転
・酒酔い運転
・安全運転義務違反

 

これら14項目の危険行為を行い

3年以内に違反切符による取り締まり

もしくは交通事故を2回以上繰り返した場合

公安委員会から自転車運転者講習の受講命令が出ます。

 

 受講時間は3時間、手数料は5700円

命令に従わない場合は5万円以下の罰金です。

 

008

年々 厳しくなってくるが効果はあるの?

スポーツバイクを購入して5年以上経ち

ママチャリに乗ってた頃よりも交通ルールには

詳しくなりましたが年々厳しくなってますね~

 

まあ我々ロードバイク乗りとしては

道路交通法、マナーを守って乗ってれば

快適に走れるので特に問題はありません、

無灯火、逆走などは特にキケンなので

取り締まって欲しいと言う声は前々からありましたし。

 

ただマナー系の記事で毎回書かれるように

警察は取り締まりをしないどころか

目の前を二人乗りとかしてもスルーなので

法改正があっても効果がないんですよね(;^ω^)

 

当日はテレビ、新聞などが取り上げるので

取り締まりをしますが、それ以降は…

 

傘さし運転、無灯火、スマホ片手に走る

逆走、歩道を爆走するママチャリとか

今まで何度も法改正されましたが

まったく減ったという実感がないので。

 

まあ都道府県によって差があるので

都会の方では厳しい取り締まりがあるのかもです、

全国の自転車対人事故のうち3割以上は

東京都内だけで起こってますからね~

 

知らない人が多い

この手の道路交通法の改正は

知らないって人が多いんですよね~

 

この記事を読んでるあなたは関心があるので

自転車で守るべきルールは熟知してるでしょうが、

ママチャリに乗る人は道路交通法の改正なんて

知らないと言う人がほとんどですので。

 

特に自動車免許を持ってない主婦

免許返納をした老人は講習を受けることがないので、

道路交通法改正を知る機会がグッと減ります。

 

また自分の子供には言っておいた方が良いです、

中学生以降は音楽を聴きながら乗ったり

スマホでの片手運転などで捕まる可能性が高いので。

 

急に警察から電話がかかってきたら

シャレにならないですからね(;^ω^)

 

それに受験とか控えてるお子様のばあい

どんな形であれ警察のお世話になるのは

精神衛生上よくないですから。

 

人のことよりまずは自分

警察が啓蒙活動をしても

最終的に守るかどうかは本人次第です。

 

自転車に限らず歩行者、自動車でも

信号無視をする人は見かけますし、

みんながみんな100%守れてるかと言うとねぇ…

 

最終的には他人がどうこうと言うよりも

自分自身がちゃんと知っておくことが大切です。

 

私が子供の頃は自転車はムチャしても

許される風潮がありましたが年々厳しくなってます。

 

この記事を読んでるあなたは関心が高い方なので

元々ルールは守ってるでしょうが、

勝って兜の緒を締めよと言いますので。

 

まあでもこのペースで厳しくなっていくと

自転車運転免許制度とか本当にできそうですね~

 

仮にできたとしても守らない人は守らないですし

免許取得料、更新代や手間を考えると…

まあ国の偉い人が決めることなので

どうしようもないんですけどね(;^ω^)

 

とにもかくにも自転車ルール、マナーは守って

ケガをしないようにロードバイクを楽しみましょう^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ