私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

ロードバイクグッズを自転車店よりネット通販で買う時代

「グッズ買うなら楽天、アマゾン」

このような方ってかなり多いと思います。

 

クロス、ロードバイク本体は

ネット通販だと組み立てが微妙なので

自転車店で買う人が多いです。

 

ただタイヤ、鍵、ライト、サドル、ホイール

シートポスト、ペダル、シューズのように

組み立てが絡まない部品はネットで買う人が多いです。

 

自転車店は定価販売で売ってることが多いのと

わざわざお店まで行く必要がありますが、

ネットだと店舗より安く買えますし、

ポチッと買えば数日後には届きますから^^

IMG_3704

 

ショールーム化するヤマダ電機

電気量販店のヤマダ電機は2011年の

ピーク時から5000億円以上減益しました。

 

その原因はネット通販の台頭です。

 

昔は電化製品を買うのは電気屋さんでしたが、

最近は修理するより買い替えた方が安いので

店舗で買う必要性がないんですよね(;^ω^)

 

安いのはネット通販ですし。

 

店員さんいわく見るだけ見て買わない人も多く

電気屋さんで実物を確認して購入は

ネット通販と言うケースが増えてるようです。

 

つまり電気屋さんが現物確認用の

ショールームになってるわけです。

 

自転車屋さんもショールーム状態へ

これってプロショップでも同じ現象が起きてて、

ヘルメット、シューズ、ウェアなどを

自転車店で試着して購入はネット通販。

 

こう言うことをやってる人は

私がロードバイクに乗り始めた

何年も前からたくさんいました。

 

私はプロショップで試着とかしたら

そのままお店で買うことが多いですが、

タイヤ、チューブ、オイル、ライトのように

現物の確認がいらないモノは通販で買います

 

それが良いか悪いかは 置いといて

限られたお小遣いの中でやりくりするなら

ネット通販での自転車グッズ購入は外せません。

 

時代の流れから言ってもリアル店舗は

厳しくなるのは間違いないんですよね~

 

営業、接客は二の次

プロショップによっては接客が悪く

挨拶もなく黙々と作業してる店も多いです。

 

プロショップをやろうって人は

自転車、整備が好きでやってる人が多いので、

接客は二の次になってるんですよね。

 

仮にネット通販で購入するのを前提で

試着をやりに来てるお客さんでも、

店員のクロージングが上手ければ

その場で成約は取れるんですよね~

 

売り上げよりも…って感じなんでしょうが

自転車本体以外は全部ネット通販で買う、

そう言うお客さんばかり増えたら

単純に食べて行けないですからね~

 

 

私が会社に入社したばかりの頃、

中高生のおじさんがパソコンが使えなくて

「昔は良かったな~」とか言ってましたが、

 

同じような感じで時代の波についていけない

自転車店の店長は「昔は良かった」と言うのかな?

 

このまま消えてしまうのか?

ネット通販の安さ、品揃え、利便性を考えると

ココにリアル店舗で勝つのは厳しいです。

 

そうなると別の付加価値を付けるとか

コミュニティー化とかが必要なわけですが、

整備メインでビジネス、接客は二の次

自転車店長にそれが出来るかと言うと…

 

ロードバイク本体はネット通販で買うと

スキルや知識がない人が組み立てるので

お店で買うって人が多いですよね。

 

でもスキル、知識のある人が組み立てて

通販で売るのは確実にニーズがあるでしょう、

そしたら本体、グッズ、パーツ、

全て通販で済ませる時代がくるかもです。

 

そうなったら消える自転車も出そうですね、

そうでなくても経営は厳しいそうなので、

先を考えて経営してないお店は

利益率が厳しくなりそうですね(;^ω^)


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ