ご案内

ロードバイクのロングライド初心者はコース、服装選びが大切

そろそろロングライドをしてみたいけど

不安と言う初心者の方も多いですよね。

 

ロングライドの持ち物、装備は前に

持ち物、自転車装備を教えます!」で書きました、

そこで今回はコース、服装について説明します。

 

持ち物、装備、休憩なども大切ですが

旅行と同じでいく前の事前準備が

かなりのウェイトを占めますから。

 

コースは入念に決める

ロングライドの定義は人によりますが

私は100キロ以上をそう呼んでます、

なので初心者の方はまずは100キロを達成して

200、300…と距離を伸ばして欲しいです。

 

仮に100キロ走る場合は

50キロくらいの所を目的地として走り

折り返して合計100キロを走るのが安心です。

 

無目的で走るよりは目的地があった方が

ルートを決めやすいので何か決めましょう。

 

それで同じ100キロでも平地ばかりか

登り坂が多いかで強度が変わります。

 

距離の10倍、つまり100キロ走る場合

獲得標高が1000m以上だとかなりキツイです。

(200キロなら2000m以上)

 

100キロで獲得標高が500mなら普通で

それ以下なら距離の割には楽になります、

なので初心者の方は山を避けるコースにしましょう。

(慣れたら気にせずコースに組みこめばOK)

 

またコース途中に自動販売機がない

コンビニがないと補給ができないので、

コース上にそう言う施設があるかどうかも

考えて設計するようにしましょう。

 

時間を考えて走る

ふだん自分がどのくらいの平均時速で走るか

事前にチェックしておきましょう、

それでロングライドは疲れでペースが落ちるので

ふだんよりゆっくりになるとして計算します。

 

仮に信号待ちの停車を含めた

サイコンでのアベレージが時速20キロなら

100キロ走るとして単純計算で5時間、

休憩もいれたら6時間かかります。

 

100キロくらいなら午前中に出発すれば

夕方までには帰ってこれますが、

200キロ以上の場合はペースによっては

周囲が暗くなる可能性があるので、

ライト、反射材、目立つ服装など

事前に考える必要があります。

 

また昼間、夜間では気温が違うので

距離が伸びれば伸びるほど夜間も視野に入れた

服装選びが必要となってきます。

 

それと交通量が多い場所を

混む時間帯に走らないように出発時刻を考える、

夜間危険な個所は日が暮れる前に

通過できるようなルートにするなど

時間帯も考えて設計できたら最高ですね^^

 

天候、風向きも考える

初心者の方は雨の日のロングライドは

避けるようにした方が良いです。

 

視界が悪く走ってて楽しくないですし

晴れの日に比べると疲労も溜まります、

またブレーキが効きにくかったり

タイヤがスリップするなど危険ですので。

 

あと初めてのロングライドの日が

風が強いなら延期も視野に入れましょう、

自転車は風の影響をモロに受けるので

風速10m/S以上だとかなりキツイです。

 

アベレージが5キロ以上下がるとかザラですし、

がんばってペダルを踏みすぎると

膝が痛くなる可能性もありますので、

特に遮蔽物がない海岸沿いのルートだと

向かい風はヤバいですから(;’∀’)

 

実際、風速10m以上の日に淡路島を走りましたが

アワイチは海岸沿いを走るルートなので

めちゃくちゃきつかった記憶があります。

 

気温から考える服装選び

あと気温ですね、特に夏と冬はきつく、

夏場のロングライドは熱中症の危険があるので

早朝に出発するとかして気温が低い時間帯を

走る工夫をしないとマジでヤバいです。

 

夏場は夜間でもそこまで気温が下がらないので

半袖、半ズボンで問題ありませんし、

冬場は昼間も寒いので暖かい格好でOKです。

 

秋と夏は100キロくらいなら昼間の気温に

合わせた服装選びで問題ありません、

ただ200~300キロ以上で夜間走行があるなら

夜に肌寒くならないように見越して

服装を選ぶ必要があります。

 

昼間は多少暑くてもガマンするか

ウインドブレーカーなどをサドルバック

サイクルジャージなどに突っ込むかですね。

 

それで自転車は風を切って走るので

厚着しても風が抜けるので寒いです。

 

長袖のサイクルジャージを羽織るより

薄手のウインドブレーカーを着た方が

風が通らなくなるぶん温かく感じますね~

 

事前シュミレーションが大切

自動車の旅行なら荷物をたくさん載せれますが

自転車のロングライドの場合は

持って行ける荷物に限りがあるし、

天候、気温、風向きの影響をモロに受けます。

 

途中で服を脱ぐなら入れるスペースが必要だし

途中で雨が降ったり、寒くなっても

自宅までなんとかして帰る必要があります。

 

なので初めてのロングライドなら

事前にシュミレーションを行って

入念に計画をねるようにした方が良いです。

 

最悪の自体まで考えておかないと

なにかあった時に慌てますからね(;’∀’)

 

初めての100キロ、200キロのように

自己ベストを更新する時ほど

じっくりと計画を立てるようにしましょう。

 

それでは無事にあなたのロングライドが

成功することをお祈りします^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ