私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

シマノ新ティアグラ4700系と105の価格比較 10速と11速

「新ティアグラ…105と価格一緒じゃね?」

 

シマノからロードバイクコンポ

ティアグラの新モデル4700系が発売されました。

 

シマノのコンポーネントのグレードは

デュラエース>アルテグラ>105>ティアグラ>ソラ

 

このようになっておりティアグラは

エントリーグレードの自転車に装備されることが

多いコンポーネントとなっています。

 

私が初めて購入したピナレロFP1も

ティアグラ(4500系)だったのですが

4600系ときて今回4700系へと進化しました、

時代の流れって早いですね(;’∀’)

 

ティアグラは10速で4アーム

crank

新ティアグラクランクFC4700 約1万2000円

 

デュラエース9000系で「ダサい」

言われたクランクの4アーム化ですが

ユーザーに媚びない日本企業シマノ、

アルテグラ、105と続きティアグラも4アームです。

 

見た目よりも性能を取るあたり日本企業ですが

カンパニョーロも4アームクランクになったので、

我々ユーザーとしては選択肢はありません(;^ω^)

 

105以上はリア11速ですが

ティアグラは10速のままです。

 

brakes

新ティアグラブレーキBR4700 約6500円(前後)

 

105以上はレース用、ティアグラ以下は街乗り用なので

ブレーキが甘いことが昔からの難点でしたが、

4600系と比較で3割も制動力アップ。

 

見た目もいぶし銀になってカッコイイです、

ちなみにリアディレーラーも同じような

シルバーの外観なのでカッコ良いです。

 

105との価格比較

前にシマノ新型105の記事を書いたとき↓

「シマノ新型105一式セットの価格と重量は?」

 

一式セットで約6万円、重量2274gと書き、

これに対してティアグラは約53000円(重量未発表)

 

「んんん…アレ?」

価格だけでみたらほとんど差がないです、

これだったらみんな105を買うんじゃあ…

と思いもうちょっと調べてみました。

表示価格は税抜きとなります)

 

【新型ティアグラ4700系】

・デュアルコントロールレバー 2万2425円
・クランク 1万1851円
・リアディレーラー 4255円
・フロントディレーラー 3137円
・スプロケ 3027円
・ブレーキ 6461円

合計5万1156円(BB代抜き)

 

【新型105 5800系 2015年5月値上げ後】

・デュアルコントロールレバー 2万2318円
・クランク 1万4913円
・リアディレーラー 4692円
・フロントディレーラー 3266円
・スプロケ 4898円
・ブレーキ 8573円

合計5万8660円(BB代抜き)

 

 

価格は105の方が7504円高い言う結果です。

 

ティアグラのBBは1608円で

これも合わせると合計が約53000円ですが、

105のBBが公式HPを見てもなかったので

条件を揃えるために今回はBBは抜きました。

 

ちなみにクランクは50×34Tのコンパクト

スプロケは12×25Tとして計算してます、

それと2015年5月にシマノ製品は値上げされており

コンポー、ホイール、ペダルも価格アップしてます。

 

これなら105買うよね?

比較したところ新ティアグラと新105は

約7500円しか価格差がないことがわかりました。

 

性能的にもグレードも105が上ですし

11速化にもなってるのでこの価格差なら

少しお小遣いを貯めてでも105を買うべきです。

 

「これじゃ新ティアグラは誰も買わない…」

このように思いがちなんですが

今後もティアグラを使う人は多いはずです。

 

なんでかと言うとエントリーモデルは

相変わらずティアグラ完成車となるので、

購入するユーザーとしては選択の余地がないからです。

(完成車はセット価格なのでパーツ変更はできない)

 

105はフルカーボンのミドルグレードに付き

ティアグラはカーボン+アルミのエントリーモデルに付く、

するとコンポの価格差はほとんどありませんが、

完成車としての値段は全然違います。

 

なのでティアグラ4700系を使う人は

今後もなくならないだろうな~と。

 

他メーカーより1円でも安く

後々のことを自転車メーカーが考えるなら

エントリーモデルに105を搭載するでしょうが、

おそらくそれはしないと思います。

 

まずユーザー側が105、ティアグラの

違いを知らない人が多いからです。

 

ロードバイクをすでに所有してる方は

色々と勉強するので分かりますが、

私を含め、会社の後輩など初めて買う

ロードバイク初心者の人には

コンポのグレードは分かりません。

 

事前にしっかりと勉強する方はまだしも

中には下調べせずに自転車店で

おススメを聞けば良いと考える人もいるので。

 

現に自転車メーカーはコストダウンのために

105完成車と書きつつ、ティアグラとのMixコンポ、

30万円以上の完成車に最下位グレードのホイール

パンクが多い自社タイヤを履かせて1円でも安くする、

このようなことを気付かれないようにしてます。

 

こう聞くとメーカーが悪いように感じますが

ユーザー側が価格を最重要視するんだから

仕方ないと言うモノです(それが商売なので)

 

中にはアルミ+カーボンのエントリーモデルに

105コンポ一式を搭載するメーカーもあるかもですが、

コスパが良くても欲しいメーカーじゃないとダメですし。

 

やっぱり最初は欲しいメーカーの自転車を

一目ぼれで買うのが良いと思うんですよね~

2台目以降は詳しくなるので色々考えますが。

 

結論

すでにロードバイクを所有しており

コンポ一式交換をするならお小遣いを貯めて

105にした方が後悔はないと感じます。

 

ただこれからロードバイクを買う方は

完成車の場合は選択の余地がないので、

欲しい自転車がティアグラならやむを得ないです。

 

偶然にも欲しいメーカーの自転車が

105一式搭載ならラッキーと言えますし、

特にメーカーにこだわりがないなら

105を搭載してるエントリーモデルが

コスパは良いんじゃないかな~と^^

 

こちらの記事もおススメ↓

初心者自転車乗り必読!シマノの変速機ギアのランクは?

コンポ価格一覧、ソラ、クラリス、ティアグラ比較

シマノ新型105が11速化、一式セットの価格と重量は?


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ