私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

ピナレロ2016年モデルの価格(ラザ、ガン等)ロードバイク

2016年モデルがキターーー!

 

毎年ロードバイクは夏~秋頃に

モデルチェンジされますが、

ピナレロは発表が早いんですよね~

 

ロードバイクは以下のようなラインナップで

ドグマKS8、ドグマF8、GANRS、GANS

GAN(ガン)、プリンス、RAZHA(ラザ)

NEOR(ネオール)、PRIMA(プリマ)、ROKH(ロク)

 

ちなみにMERCURIO(メルキュリオ)はツーリング車

TREVISO(トレビソ)はフラットバーロードです。

 

それでは詳しい価格などを書いて行きますね~

2015y08m12d_012657893

 

ピナレロ2016年モデル一覧

カタログをまとめると以下のようになり、

価格は税抜き表記となります。

 

・ドグマK8S フレームセット 84万円
・ドグマF8 フレームセット 64万8000円
・ドグマF8ディスク フレーム 64万8000円
・プリンス フレームセット 42万8000円
・同上 アルテグラ完成車 49万8000円

 

・GANRS フレームセット 48万8000円
・同上 アルテグラ完成車 56万円

・GANS アルテグラ完成車 44万円
・同上 105仕様 36万5000円

・GAN 105完成車 32万5000円
・ガンディスク ティアグラ仕様 35万円

 

・ロク 105完成車 36万5000円
・ラザ 105完成車 29万8000円
・ラザK 105仕様 29万8000円
・ネオール ティアグラ仕様 22万円
・プリマ ソラ完成車 15万4000円
・メルキュリオ ソラ仕様 22万円
・トレビソ ソラ完成車 14万2000円

 

ピナレロのハイエンドモデル ドグマ

ドグマK8Sは自動車メーカージャガーとの

共同開発モデルでチームスカイカラーの

特別仕様車だと思っておいてください。

 

実質的なラインナップとしてはドグマF8が

ピナレロ最高級モデルと思って間違いないかと。

 

ちなみにF8、ディスク共にカタログには

MYWAYとあり72万6000円と標準より高いですが、

これはオーダーカラーシステムのことになります。

 

ちなみに通常版はレッド、カーボンホワイトレッド

ホワイトレッド、カーボンレッド、ネイキッドレッドです。

 

まあ~高いですねやっぱり(;^ω^)

イタリアの人気ブランドですから仕方ないですが

お金持ち以外には買えないロードバイクです。

 

GANシリーズ

2015年モデルまでは

ドグマの次はプリンスでしたが

ガンRSの方がフレーム価格は高いです。

 

「ドグマF8>GANRS>プリンス>ガンS」

このようなヒエラルキーかと思われます。

 

GANシリーズはドグマのソリューションを

継承とカタログには書いてあるので

レーシーなモデルで間違いないですが、

ガンRSとプリンスの場合はどちらが

レース向けなのか何ともですね~

 

まあどちらにしても軽くて、剛性が高い

ガチガチカーボンロードバイクでしょうが(笑)

 

ミドルクラスの価格帯

30万円前後のミドルグレードとしては

先ほどのガンの105仕様が32万5000円、

1グレード下のラザが105で29万8000円です。

 

ちなみにロクはレース志向ではなく

ロングライド向けのロードバイクで、

ラザKも衝撃吸収性を高めた自転車です。

 

ロングライドをするなら36万円のロク、

金銭的にきついなら30万以下のラザKですね。

 

レース志向でドグマ、プリンス、ガンRS等が

無理ならガン、ラザの105完成車がおすすめです。

 

まあどれにしても高いので他メーカーなら

105仕様のフルカーボンロードバイクが

30万円以下の値段で買えるでしょうが(;^ω^)

 

ピナレロはブランド重視派なので

コスパを求める人は他メーカーがおススメです。

 

エントリーモデル価格帯 初心者向け

これからロードバイクを始める

初心者さんが検討するエントリーモデルですが、

ネオールがティアグラ完成車が22万円

プリマがソラ仕様で15万4000円になります。

 

初めてのロードバイクにこの価格は

ちょっと高いかな~と言う感じですね(;^ω^)

コスパ重視のジャイアントと比べると

どうしても高価だと感じます。

 

ちなみにガン、ラザ、ロク等はフルカーボンで

ネオール、プリマはアルミ+カーボンフォークです。

 

つまりピナレロにはフルアルミの

ロードバイクはないってことですね~

 

 

メルキュリオはフルカーボンで22万円ですが

ツーリング車なのでふつうは候補に入りませんし、

14万2000円のトレビソはフラットバーロードなので

ロードバイクが欲しい人には関係ないモデルです。

 

なのでピナレロのエントリーモデルを

検討中の方はネオールかプリマになります。

 

先ほども言った通りピナレロは

ブランド力が高い人気メーカーなので

コスパを重視するなら他メーカーが良いです。

 

GAN(ガン)に注目

ドグマ、プリンス、ラザ、ロク、

ネオール、プリマ等は2015年モデルにも

ラインナップされてたので

2016の目玉は間違いなくガンでしょう。

 

2015年にラインナップされてた

他モデルと違い性能が予想できませんし、

話題性も十分という感じがします。

 

ただドグマのテクノロジーを継承ってことは

よくも悪くもレース志向寄りの

高剛性モデルなんじゃないかと思いますが、

このあたりは雑誌のインプレを待ちましょう^^

 

あえて2015年モデルという選択肢も↓

2016より2015年モデルが安くておすすめ!?

 

 


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ