私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

自転車サドルバッグの中身とロードバイク乗り必携の持ち物

ロードバイクのサドルバッグの

中身ってなにを入れてますか?

 

ママチャリのような自転車はカゴがありますが、

ロード・クロスバイク・MTBには

荷物を入れる場所がないんですよね~

 

ハンドル部に取り付けるフロントバックを

販売してるメーカーもありますが、

操作性が悪くなる欠点がもあります。

 

その点サドルバックは走りへの影響も小さく

スタイリッシュなので多くのローディが使ってます。

 

ただ中身に何を入れたら良いのか?

このような悩みを持つ初心者さんから

質問があったので記事を書きますね^^

 

サドルバックに入れてるモノの写真

サドルバッグ中身

サドルバックの中身

 

トピークエアロウェッジSサイズ(容量0.66L)に

上の写真のような自転車グッズを入れてます。

 

写真をデジカメで撮ったので画像にはありませんが、

実際は上記+デジカメも入れた状態で走ってます。

(パンパンになるけど強引に入れたら入る)

 

また撮影の時に入れ忘れましたが

鍵もサイクリングの時は入れてます。

 

トピークのSサイズのサドルバックと言うのがミソで

Mサイズ以上のモノならさらに多くのモノが入ります。

 

・携帯電話
・お金
・鍵

・チューブ
・タイヤレバー
・携帯工具(アーレンキー)
・パンク修理パッチ
・デジカメ

・バンドエイド
・コネクトピン

 

サドルバックの中身は上記のモノが入っており、

赤字は必携の持ち物となっています。

 

最低これだけは持って行くべきグッズ

携帯電話はトラブル時に応援を呼ぶため

肌身離さず持っておく必要があります。

 

またガラケー時代の頃は携帯電話だと

画質が悪いのでデジカメで写真撮影してましたが、

最近はスマホで撮ることが多くなったので

デジカメは入れないようになりましたね~

 

お金はトラブル時はモチロンですが

飲み物、補給食を買うために必要で、

財布に入れるとかさばるので

ジップロック入れる人が多いです。

(そのまま入れると雨天時ビチョビチョに…)

 

自宅の鍵はないと家に入れないので必須です(笑)

自転車用のキーはなくさないように

自宅の鍵と紐づけしておきましょう~

 

 

タイヤチューブも必須で

GP4000Sのような人気タイヤは

パンクすることが稀ですが

万が一のことを考えると必要です。

 

私はゴムのり不要のパンク修理パッチ

パナレーサーイージーパッチも入れてますが、

これは応急処置なので替えのチューブも

必ず一緒にサドルバックに入れてます。

 

クロス・ロードバイクはママチャリと違い

走行距離が長くなり郊外へ出るので、

パンク時に自転車店がないのもザラですから。

 

ロングライドを考えると

パンク修理は必須スキルなので

やったことがない初心者さんは

パンク修理の動画を見て自宅で練習しましょう。

 

 

ちなみにホイールからタイヤを外すために

タイヤレバーがいるのでコレも必携です。

 

私は携帯ポンプ派ですが

小型のボンベを入れる人もいるので

お好みに任せますが空気入れは必要です。

 

・タイヤチューブor修理パッチ
・携帯空気入れorボンベ
・タイヤレバー

 

この3点セットがないとパンク修理できないので

サイクリング時は必ず持ち歩きましょう~

 

 

それと携帯工具(アーレンキー)ですが

出番は少ないのですがボルトが緩んだ時

締めるための工具が必要なので、

トラブルを考えたら持って行くべきです。

 

ただスポーツバイク歴6年で

サイクリング中に使用したのは

片手で数えるくらいですけどね(;^ω^)

 

ちなみに私はチェーン切り付きの

携帯工具を使ってますが、

アーレンキーだけのモノでも大丈夫です。

 

あった方が良いモノ

タイヤ修理パッチはチューブがあれば不要ですが

価格が安いので小さいパンクの場合は

こちらを使った方が財布に優しいです。

 

場所を取らないのでとりあえず

1~2枚入れておけば対応できますし。

 

 

あとコネクトピンはチェーンが切れた時

つなぐためのモノになるので基本的に不要です。

 

チェーン切り付きの携帯工具がないと

ピンだけあっても意味がないですし、

チェーンをつなぐメンテが出来ないと

工具+ピンがあっても対応できないので。

 

自転車のチェーンは5000キロ以上持ちますし、

走行時に切れることは稀ですので。

 

ちなみに私はスポーツ自転車歴6年で

走行中にチェーンが切れたことは一度もありません。

(ピンは場所を取らないので万が一のために入れてます)

 

 

デジカメは自転車ブログをやってないなら不要ですし

場所を取る上に重たいのでスマホで良いなら

サドルバックの中身から出した方が良いですね~

 

写真撮影のたびにサドルバックから

コンデジを取り出すのが面倒なので、

サイクルジャージの背中ポケットに入れて

走る人もいますが凹凸を走った時に

衝撃で落ちたりするので注意です(;^ω^)

 

あとバンドエイドは落車した時

立ちごけした時のために数枚あると便利です。

 

これもかさばる物じゃないので

サドルバックに入れておくことをおススメします。

 

お金と携帯があればなんとかなる

とりあえず最低限必要なモノを

サドルバックに入れておけば

超ロングライド以外は大丈夫です。

 

つまりSサイズのサドルバックでも

100キロ程度走るだけなら問題ないです。

 

それで必須アイテムの中でも特に重要なのが

お金、携帯電話の二つになります。

 

極端な話、サイクリングでトラブルがあっても

スマホでタクシーを呼べば問題ないわけで、

お金があれば出先で宿泊することも出来ますし、

ライトの電池が切れてもコンビニで買えます。

 

なのでブルべのような超ロングライドでは

お金を多めに持って行くのが基本です。

 

 

初心者の方は不安なので

やたら荷物が多くなりがちですが、

ほとんどのモノは出番がありません。

 

荷物が多くなると重量がかさむし、

いくら走りに影響が少ないサドルバックでも

ダンシングした時に若干影響が出るので、

必要最低限の物だけ持っていくようにしましょう~

 

200キロを超える場合の荷物の記事↓

⇒ロングライド時の持ち物はこちら

 


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ