ご案内

クロスバイクのロングライド装備のたった一つの注意点

クロスバイク乗りがロングライドに行く時

注意すべきたった一つのポイントとは?

 

通常のサイクリングと違いロングライドは

装備、ルートなど事前準備が必要になります。

 

基本的にはロードバイクと同じなので

おすすめ補給食、コツ、休憩

コース、服装選びなどなどは

ロングライドの記事

 

 

ただクロスバイク乗りはローディと比べ

ガチな服装で走る人が少ないです。

 

具体的に言うとロードバイク乗りは

サイクルジャージ、レーパンがデフォで

荷物はサドルバッグに入れて走ります。

 

ただクロスバイク乗りは

サイクルジャージ、レーパン姿が

恥ずかしいと考える人が多く

動きやすいスポーツウェアに

リュックを背負って乗る人がいます。

 

実際、私もそうでしたが

クロスバイクに乗り始めた頃は

自転車専用ウェアではなくて

動きやすい普段着+リュックで走ってました。

 

でもこのバックパックがロングライドでは

真綿で首を締めるようにジワジワと効きます。

 

つまりたった一つ注意すべき点とは

リュックを背負って走らないことです。

エスケープR3

肩と腰にくる

ロングライドの経験が少ない人ほど

心配で余分に荷物を持って行きがちです。

 

慣れると100キロくらいなら

こちらの記事の必須アイテムだけでOKですが

私自身もクロスバイクでロングライドに

いってた時にサドルバッグに入らない荷物を

リュックに入れてたくらいなので気持ちは分かります。

 

ただその状態でロングライドすると

肩、腰にダメージがくるんですよ…

 

荷物を入れると言っても

少し入れるだけなので大丈夫と思いきや

意外とダメージがきて後半戦で

肩、腰が痛くなった記憶があります。

 

また夏場は背中の蒸れが嫌なので

当時はウエストポーチで走ってましたが

それでも腰が痛くなるんですよね(;^ω^)

 

リュック自体が意外と重い

荷物が少ないと軽く感じるので

特になにも考えずに背負って走りますが

空のリュックサックでも意外と重いです。

 

例として自転車用バックパックで人気の

ドイターのデータを一部載せてみます。

 

【ドイター】

・ロードワン 5L 390g
・コンパクトEXP 10L 940g
・スーパーバイク 22L 1070g

 

ロードワンは大型サドルバッグよりも

容量が少ないくらい小型ですがそれでも390g

10L入るタイプだと1キロ近い重さ!

 

私自身がそうだったのですが

クロスバイクに乗る人からすると

ドイターのバッグは1万円くらいするので

高くて手が出ないと言うのがあります。

 

お金がないと言うかロードバイク乗りより

金銭感覚がマヒしてない人が多く、

クロスバイク本体が5~6万円なのに

バックパックに1万は高くね? 的な、。

 

なのでイオンなどで売ってるような

5000円以下のリュックを使う人が多いです。

 

自転車用のドイターですら約1キロですから

普段用のバッグの重量はおして知るべし、

さらに追加で荷物を入れるので

下手すると2キロとかなりかねません。

 

その状態で100キロ走るとしたら

信号待ちを含めてクロスバイクなら

4~5時間はかかりますからね~

 

そりゃ肩、腰も痛くなる!

 

荷物は自転車に背をわせる

これらの理由があるのでサドルバッグを

駆使して荷物を自転車に預け走った方が

体へのダメージが減ります。

 

なので体に物は身につけないくらいの気持ちで

工夫した方が楽にロングライドが走れます。

 

なので持って行く荷物を減らす

ことも大切な要素になってきます、

大型サドルバックもありますが

限界がありますからね(;^ω^)

 

心配なのは分かりますが

100キロ位のロングなら意外と大丈夫なので

勇気を出して走ってみてください!


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ