ご案内

シマノ新型105(5800系)が11速化、一式セットの価格と重量は?

シマノから新型105(5800系)が発売されましたね~

 

デュラエース9000系、アルテグラ6800系からの

流れを引き継いだ11速化が一番の目玉と言えるでしょう。
new105icon-3654
シマノ105(5800系) 一式セットで約6万円

 

ロードバイクのコンポーネントと言えば

シマノ、カンパニョーロ、スラムが人気ですが、

価格的にも、性能面でも日本製のシマノが人気です。

(私はシマノのアルテグラを使ってます)

 

すでにご存知だと思いますがシマノのロードバイク用コンポは

デュラエース>アルテグラ>105>ティアグラ>ソラ です。

 

ソラ、ティアグラは街乗り用として設計されており

価格を低くしてる分、性能はどうしても下がってきます。

 

ティアグラのロードバイク完成車に乗ってましたが

4500系だったのでブレーキの制動力が低く、

「あ~街乗り用コンポだわ」と言う感じでした。

 

現行の4600系は性能アップしてるようですが

これは乗ったことがないので何とも言えないです。

(来年4700系になるでしょうから今買うのは損ですが)

 

デュラエース、アルテグラはツールでも使われているので

アマチュアレベルなら申し分ない性能、と言うかオーバースペック気味です。

(プロ選手が全員デュラエース、スーパーレコードではない)

 

レース用の105は人気

先ほど話したようにソラ、ティアグラは街乗り用なのでレースは厳しいです、

しかしデュラエース、アルテグラまでいくと一式で10万以上するので

普通のサラリーマンでは高価すぎて手が出ません(;^ω^)

 

その点シマノ105はレース入門用と言われ、

5グレードのちょうど中間、つまり普通のグレードと言うことで

中流思想が多い日本人にはとてもウケが良いコンポになります。

 

5700系から性能アップ、重量ダウンした105(5800系)は

一式セットで約6万円、重量は2274gです。

 

クランクが賛否両論のある4アームなのでダサいですが

デュラエース9000系、アルテグラ6800系も4アームなので

新型ティアグラ4700系も同じになる可能性が高いです。

 

そうなるとシマノ乗りのほとんどは4アームクランクなので

デザインを何とも思わないみたいな(笑)

 

11速化対応のスプロケット

ちなみに歯数はコンパクトクランク(50-34T)

ノーマルクランク(53-39T)があるのは今まで通りですが、

52-36Tという間を取ったギア比が出ました。

(この流れも9000、6800系から引き継いでます)

 

コンパクトだとちょっと物足りないけど

ノーマルクランクのリア39Tだと登り坂がキツイかも…

と言う人にはちょうど良いギア比になりそうです。

 

ちなみにリアスプロケットは12-25T、11-28T、11-32T

「11-32Tとかどんだけ激坂仕様だよ」って感じですね(笑)

 

そう言えば一つ注意点ですが、今まで10速のホイールを使ってる場合は

5800系の105にそのままインスコしたらNGですので、

買う前に店員さんにそのあたりを相談しておいた方が良いです。

 

105はシマノのコンポとしては中間ですし

ロードバイクのミドルグレードの完成車に付くことが多いので、

これから自転車を買おうと言う人はぜひ検討してください^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ