ご案内

カンパニョーロのゾンダC17インプレと重量や価格【ホイール】

カンパニョーロゾンダC17

「カンパニョーロのゾンダC17ってどうなの?」

Campagnolo(カンパ)はシマノ、フルクラム、マビックなどと並び、アルミクリンチャーホイールでは人気のメーカーになります。

ロードバイクのホイールは上を見ればキリがありませんが、結婚して子供もいる「おこづかい制のお父さん」としては、10万円以上の高級モデルを買うのは勇気がいります。

ロードバイク完成車の純正ホイールはイマイチな物が多く、1ランクアップするならカンパニョーロZONDA、フルクラムレーシング3、シマノWH6800アルテグラなどに交換する人が多いです。

価格帯はゾンダが高い

 

ゾンダC17 レーシング3 WH6800
価格 7万1000円 6万4000円  5万3000円
重量 1594g 1550g  1640g
リム素材 アルミ アルミ アルミ
リム高 前27、後30mm 前25、後30mm 前後23mm
スポーク数 前16、後21本 前16、後21本 前16、後20本

価格はあくまでも定価なので、ネット通販で買えばもっと安く買えます。

例えばWH6800はアマゾンで約3万9000円、ゾンダC17はショップによっては6万円前後で買えます^^

最近ではネット通販に対抗して、プロショップでも値引きをしてるお店が増えてるので、安さを求めるならネット、付き合いやメンテナンスを考えるなら実店舗でGETしましょう。

ザックリ比較

  • 価格 ゾンダ>レーシング3>WH6800
  • 重量 レーシング3>ゾンダ>WH6800
  • 剛性 C17>レーシング3>WH6800

価格、重量、剛性のカンタンな比較は上のようになります。

シマノWH6800だけは後輪のスポーク本数が1本少なく、リムハイトも低いので剛性が低くなります。ZONDAとレーシング3は人によってはそこまで差を感じないかもしれません。

ちなみにカンパニョーロのゾンダは後輪がG3組、フルクラムレーシング3は2to1となっており、シマノWH6800はふつうの組み方です。

シマノはコンポがデュラエース9100系になってるので、来年以降にWH6900ホイールが発売されると思いますので、今から買うのは微妙な気もします(^^ゞ

リム幅が17mm

パナレーサークローザプラス

ロードバイクのワイドリム化で23Cタイヤ終了でも書いてますが、カンパニョーロはリム幅を17mmにしてます(上位モデルのシャマルミレも17mm)

ゾンダも2017年モデルからリム幅が17mmになり、C23のタイヤは非対応になりました。

そのぶん25、28Cのタイヤを装着するのに適しているので、将来的なことを考えるとカンパニョーロのZONDAに軍配が上がります。

 

ただ自宅に23Cのタイヤが余ってる場合は使えなくなるので、そちらを全て使いきってから購入する方が財布に優しいです^^

「オレは23Cのタイヤを使いたいんだ!」って人もおり、そういう人は2016年モデルのゾンダを購入してるようです(型落ちで1~2万円安く買えますし)

また性能差があまりないことから、フルクラムレーシング3を購入してる方もチラホラいるようですね~

ゾンダC17のインプレ Doddyさん

gahag-0084559190-1

※写真はフリー素材のもので、Doddyさんではありません。

ホイールと言いますか、ロードバイクのパーツはどうしても体感レベルでのインプレになってしまいます。なので口コミと言うことで複数の方の感想を集めてみました。

重量ではなく、転がり抵抗の低さから「軽さ」をとても感じる。カンパハブはとても良く回ると聞くが本当だった。

またC17モデルは転がり抵抗が低い的な謳い文句もあり、25Cとの相乗効果か、とても軽く進み続ける。

乗り心地。ほとんど差は感じず。悪くはなってないので今までの乗り心地+転がり抵抗低下で、長距離性能プラスかな。

引用元:遊び部屋のメモより

シマノWH-RS80からの交換と言うことで、重量的にはほとんど変わっていませんが、ハブのせいか、リム幅17mmの効果か進みが良いと感じたみたいです。

乗り心地もほとんど差を感じてないようなので、ロングライドも問題なさそうです。

上位グレードのカンパニョーロのシャマルミレは硬いことで有名なので、レースでの決戦用ではなく、ロングライド重視ならゾンダの方が幸せになれます(笑)

shusaiさんのインプレ

出足は非常に軽いというか反応がクイックです。

アシストでもしてもらってるかのようにぐんぐん伸びていく。そのかわり足を止めると失速も早いかなという感じです。

重量は正直、値段相応の1595グラムからするとかなり頑張ってるほうかと。

総評としては同クラスであるキシリウムエリートからの買い換えは必要なかったかも。

引用元:ナンテナガイミチノリより

今まではマビックのキシリウムエリートを使ってたようで、そちらに比べると漕ぎだしが軽快になったようです。

ただ足を止めると巡航スピードの落ち込みも大きく、キシエリの方が巡航が楽だったとも書いてました。

MAVICのキシリウムエリート2017年モデルは、重量は1550gなのでゾンダとほぼ同じですが、価格が定価だと10万円以上するので、個人的には1ランク上のホイールという印象です。

逆にいうとカンパニョーロのZONDA、マビックキシリウムエリートは同じくらいとも言えますので、そう考えるとお得感はありますね^^

インプレがほとんどない

210

カンパニョーロのゾンダC17のインプレを探しましたが、上に書いた2ブログしか見つかりませんでした(2017年2月25日現在)

「ゾンダC17の2017年モデル発売!」、「リム幅17mmはどうなの?」みたいな記事は多くありましたが、購入レビューはほとんどなかったです。

大手のレビューサイト「サイクルベース名無し」を検索しても、ウイグルで2015~6年モデルを購入した方の感想はありましたが、2017年モデルはなかったです。

 

不人気?

もしかにして買ってる人が少ないのかな…「リム幅17mmで23Cのタイヤは使えないのか」となる人が多いのでしょうか?

ぶっちゃけフルクラムレーシング3を買ったら良いですもんね。性能面・重量・価格もほぼ同じですから。

カンパニョーロ信者で、どうしても寒波しかダメって言うならまだしも、今は同価格帯のホイールがいろいろなメーカーから出てますので、ムリして買う必要もないかなぁ…

C17になるまえの、2016年モデルまでのゾンダは人気だっただけに、2017年モデルはどうなんだろう…と思いますが、単純に自転車ブロガーが買ってないだけかもしれませんね。

半年後くらいにインプレが増えるかもしれませんので、覚えていたら追記するかもしれません。気長にお待ちください。


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ