ご案内

ロードバイク2017年モデルの選び方≪初心者向け≫

ロードバイク2017年モデル

ロードバイク2017年モデルを買おうと思うんだけど選び方が分からない…

私自身、そうだったのですが、クロスバイクからロードバイクに乗り換えるとき、メーカー・車種が多すぎてどれが良いのか分かりませんでした。

当時のわたしは予算を先に決めて、自転車店にいき、店員さんのおススメを無視して一目ぼれしたピナレロFP1を買いました。

いまとなっては知識があるのでアレコレ言えますが、コンポがどうこう、ジオメトリーうんぬんとか言っても、初心者の方にとってはサッパリ分からないどころか、余計に混乱させるでしょう。

そこで今回は初心者目線になるために、素人のふりをして聞いてみました。クロスバイクから初ロードバイクを買うという設定で質問しています。

初心者の設定でおすすめを聞いてみた

kazu

休日にクロスバイクに乗ってるのですが、次のステップとしてロードバイクを購入したいと思っています。年齢は自転車歴は1年半で、いままではジャイアントEscapeR3に乗っていました。

距離は長く乗っても1日100キロ以内で、予算は20万円以内で考えています。コンポは105が良いですが、予算的に考えるとティアグラが現実的かもしれません。

ロードバイクを乗る上で求めることは距離です。スピードはそこまで求めていません。ちなみにクロスバイクでの巡航は20~25キロくらいです。

ジャイアントはクロスバイクで乗った経験があるので、どうせなら違うメーカーにしたいと思っていますが、ロードバイクはメーカーが多いのでよく分かりません。

おすすめの車種・メーカー、その予算(20万円以内)なら、これが良いみたいな候補を教えていただけると助かります。

 

自転車屋の店員

コンポについてですが予算20万円なら、105でも行けますよ!

誤解してる方が多いですが、コンポは直接スピードに関わるものでなく、ロングライドでこそ生きてきます。

なぜなら後輪のスプロケの歯の枚数が多いほうが、自分の足にしっくりくるギアを見つけやすいので、長距離を走る人ほど良いコンポを使った方がよいです。ティアグラだと10段変速、105だと11枚なので。

またコンポーネントのグレードが高いほうが耐久性、信頼性も高いので、ロングライドを見据えてる貴方の場合は105をオススメします。

 

オススメされた三車種

ロードバイクの車体につきましては色々ありますが、コンポが105、ロングライド重視、予算面から下記のものをおすすめさせていただきます。

F75

【フェルトF75】

このバイクはフォークにカーボンを使用しており、衝撃吸収に優れており、ロングライドにも使えます。

またフレームは合成の強い7000番台のアルミを使用してる為、ロードバイク初心者の方がよくやる、立ち転げなどのミスで簡単に壊れることは少ないです。コンポは105で、参考価格は約16万円です。

メリダ

【MERIDA RIDE 400】

RIDE400はメリダの鉄板商品で、初心者が105コンポのロードバイクを検討するときに、候補に入ることが多いです。理由としては105組の中でもコスパが最強だからです。

また初心者用のエントリーモデルでありながら、長距離・レース・街乗りなど幅広いところに対応しております。参考価格は14万5000円です。

RA6 EQUIPE

【Anchor RA6 EQUIPE】

日本メーカーであるアンカーのロードバイクです。Anchorはまず失敗しません、日本人にあったロードバイク作りをしており、体型などをあまり気にせず乗れるからです。

街乗りはモチロン、ロングライドでも問題なく走れますので、乗ってて楽しいバイクになること間違いなしでしょう。

RA6エキップに関しましては中級をターゲットに作られてますので、クロスバイクの経験があるなら十分乗りこなすことができます。

 

kazu

フェルトF75、メリダRIDE 400は105とのことですが、ティアグラとの混ぜこぜじゃなくって、全部105でこんなに安いんでしょうか?

よく値段を安くするために105と言いつつも、ティアグラも混ざってることがあるとネットで見かけますが。。。

またフェルトF75はフォークがカーボン、ボディがアルミとのことですが、全部カーボンのモデルだとやっぱり20万円超えてしまいますよね?

「人気 ロードバイク メーカー」で検索すると、トレック、スペシャライズド、キャノンデール、リドレー、ビアンキ、ピナレロなどが人気TOP10に入ってました。

このあたりは人気ブランドなので価格が高くなるのでしょうか?

 

自転車屋の店員

複数の種類のコンポをつけるのは確かにあり、これをmix車といいます。ですが私が上記で書いた3車種はmixではなく、オール105です。

これを安価で提供できるのはメリダ、フェルトがロードバイク業界の帝王的なシェア率を誇るからでしょう。

大量生産すれば1台あたりの単価は必然と下がります、それを利用したのが上記の2社だと思ってください。

次に素材ですが、20万円でフルカーボンも行けなくはありません、ただ105キープは難しくなります。

型落ちのセール品ならあるかもしれませんが、新車で2017年モデルとなると、不可能と考えてもらうといいと思います。

次に三つ目ですが、トレック、スペシャライズド、キャノンデール、リドレー、ビアンキ、ピナレロなどはエントリーモデルが多いことが人気の理由だと思います。

ロードバイクの買い方は主に2種類あり、完成車を買う方法、そして、フレームだけ買ってコンポは自分を組み上げるものです、上記メーカーは主に完成車を安価で売っています。

その理由から、手軽にロードバイクを始めてみたいという方、ちょっと興味あるから試しにという方が利用するため、必然的に人気になるんだと思います。

例えばLOOK、TIMEなどはフレーム単品で売ってるモデルが多く、どうしてもトータルの価格が高くなるので買える人が少なくなる=人気がないと言うことになります。

おすすめメーカーは?

kazu

なるほど、フェルトF75、MERIDA RIDE 400はオール105で、メーカーによってはこの予算だとmix車と言うのになってしまうんですね。

カーボンモデルでも20万円以下で買えるけど、その場合はコンポがランクダウンするので、どちらも両方兼ね備えたモデルはなく、トレードオフになってしまうんですね。

いわゆる人気メーカーでも安いモデルがあるんですか、てっきりグッチ、ヴィトンのようなお高いブランド品だと勘違いしてました。

トレック、スペシャライズド、キャノンデール、リドレー、ビアンキ、ピナレロあたりでおすすめできるモデルはあるでしょうか?

やはりフェルトF75、メリダRIDE 400、アンカーRA6 EQUIPEのどれかがおすすめでしょうか?

 

自転車屋の店員

人気メーカーは車で言うとTOYOTAのようなものです、クラウンのような高級車もいれば、ヴィッツのように親しみ安い車もいます、幅はさまざまです。

もちろんそれらのメーカーにも、おすすめはありますが、ここで書くと膨大な量になります。

メーカーの特色や特徴を書くので、それらから自分にあってるかもというメーカをご判断ください。

【トレック】
アメリカ最大のロードバイクメーカー、主にレース車に力を入れており、近年まで、ツール・ド・フランスなどでも優勝など、良い成績を残しており、スピードを求める人には人気、値段も幅があり30車種ほどありバリエーションがトップレベル

【スペシャライズド】
基本的にはオールマイティーに使えるアルミフレームが有名なメーカー、人によって好き嫌いがはっきりするメーカでもある。

理由としてはフレームが強いが走りが固く、スピードには乗りやすい上級者向け、スペシャライズドには上位ブランドがありそれがs-worksです。

【キャノンデール】
アルミの超一流メーカー、アルミの帝王、元々クロスやマウンテンが主流でロードは歴史が浅い。

しかし、アルミの技術によりカバー、もちろんカーボンもあるがアルミの方が正直優れている、走り方は、正直遅いが、長距離にはいい

【リドレー】
ロードバイクでは珍しいベルギー産です、石畳を走れれるようにをコンセプトに衝撃吸収に優れているロードバイクです。

また、神経質かつ丁寧に作られており、基本的には街乗りや短距離に優れている、また道が荒くても多少なら許容できる

【ビアンキ】
イタリアのおしゃれメーカーで日本でも人気です。エントリーモデルが多いため、基本的にどんなライドにも対応していますが、個人的にはあまり長距離には向いてないと考えています。

【ピナレロ】
高級自転車メーカーですね、カーボンフレームが得意で、スピード・距離共に申し分なし、しかしそれだけの値段がします。

ロングライドならキャノンデール?

kazu

ロングライドってことを考えるなら、キャノンデールが長距離にいいと書かれてるので、そちらが気になりました。

リドレーも衝撃吸収性が優れているということで、このメーカーも気になります。

他のメーカーは高価だったり、長距離に向いてなかったり、上級者向けだったりするようなので、キャノンデールとリドレーで20万円以下でおススメのモノをご教授ください!

 

了解いたしました、まずキャノンデールです

supers0

【キャノンデール SUPERSIX EVO CARBON TIAGRA】

スーパーシックスエヴォはティアグラですがフルカーボンです。アルミが優れてるキャノンデールですが、このシリーズはカーボンも優れております。長距離にも向いており、参考価格は約20万円です。

【2017 キャノンデール CAAD12 105】

キャノンデールの代名詞アルミフレームのロードバイクです、105組となっております。

カーボンにも負けない、スピード、しかしながら足に負担が少なく優れたアルミフレームでオールマイティーに使えます。

フォークのみカーボンなので衝撃吸収にも優れています。CAADシリーズは色々な色があるのでご確認ください、お好みのものも見つかりやすいと思います。参考価格は19万円です。

ティアグラ、105で20万円以下ですとキャノンデールの場合この2台だと思います。

fea02bs

【2017 リドレー FENIX A】

ティアグラとなります。リドレーはいいメーカーなのですが、フレームセットが主力で完成車は少ないです。

こちらはティアグラの完成車で、アルミフレームですが、中途半端なカーボン車より優れております。長距離はもちろん、街乗りにもOKです。

20万円以内という予算を考えると、リドレーは条件に合うのと考えるとこちらの車種のみですね。

モンテグラッパ・チーム

こちらはわたしの個人的な提案なのですがウィリエールというメーカーはご存知でしょうか?

あまり有名ではなく、乗ってる人も少ないですが、私は個人的には好きなメーカーです。

とにかくオシャレですしかしながら、実用性も持っており、長距離も短距離も街乗りも可能で、オールマイティーに使用できます。

もちろん振動吸収も備えております。中でもおすすめの車体はモンテグラッパ・チームという車種です。

フレームはアルミ、フォークはカーボン105組で、価格は17万円。海外メーカーにも関わらず、日本限定カラーを用意するなど、日本想いなメーカーでもあります。

 

kazu

最初にご紹介していただいた3車種、個人的に提案していただいた以下の5車種で検討していきます。

  • フェルトF75
  • メリダ RIDE 400
  • アンカー RA6 EQUIPE
  • キャノンデール CAAD12
  • ウィリーエル モンテグラッパチーム

 

種類が多すぎて絞ることすら出来ませんでしたが、丁寧に教えていただいたおかげで理解が深まりました。ありがとうございました!

 

最後に

初心者のふりをして質問をした結果、最終的には上記の5車種まで絞ることが出来ました。

ぶっちゃけ言うと、人によってプッシュするメーカーは違います。これは車も同じですが、乗ったことがあるメーカーは限られてますし、自転車店も売りたいメーカーは店によって違うからです。

初心者のロードバイク選びで一番大切なのは予算でしょう。よほど金持ちじゃないかぎり、出せるお金には限界がありますので。

 

次はコンポ、フレーム素材ですが、先ほどのやり取りをみたら分かるように、フルカーボン+105だと高くなるので、アルミ+カーボンの105、フルカーボンのティアグラのどちらかになります。

お金があるならフルカーボン+105が買えますが、そうじゃないならトレードオフになります(ちなみに私の初ロードはカーボン+アルミ+ティアグラでした)

重量についてはホイール交換するだけで数百グラム以上軽くできますし、ハンドル、シートポストなどを変えればもっと軽くなるので、優先度は低いように感じます。

 

最終的には予算内で自分がビビッときた物を選ぶことになるでしょう。当時の私はピナレロのカラーリングに惹かれましたが、人によってグッとくるものは違います。

高い買い物になりますので、最終的にはプロショップに足を運んで、実物をみて決めることをオススメします^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ