ご案内

ロードバイク人気ホイールメーカー一覧表と価格【シマノとカンパニョーロ】

ロードバイクのパーツは色々ありますが効果が高いのはホイール交換!

 

フレーム、コンポの組替えも効果がありますが手間がかかります

その点ホイール交換は走りにいく前にサクッと5分で出来るので、

一台のロードバイク+複数のホイールを持ってる人がいます。

 

私はシマノのWH500、WH6700(アルテグラ)、マビックのR-SYS(アルシス)

手組メーカーのPAXホイール、自作の手組が2セットあるので計6個です。

(所有はしてないけど試乗したモノはもっとあります)

 

ほんでまー、たくさん紹介しても混乱するでしょうから

プロショップならまず在庫がある、4大人気ホイールメーカーをご紹介します。

 

シマノ

wh-9000-c35-cl

WH9000-C35 デュラエース

 

日本メーカーで愛着もあり、海外輸入による代理店マージンも少ないので

他のメーカーに比べるとお手頃価格のモノが多いです。

 

・WH-R501 約1900g 約1万円
・WH-RS61 約1770g 約25000円
・WH-6800 約1640g 約35000円
・WH-RS81-C24 約1500g 約55000円
・WH-9000-C24-CL 約1380g 約9万円
・WH-9000-C35-CL 約1450g 約16万円
・WH-9000-C50-CL 約1670g 約16万円

 

値段が高いやつほど高級モデルになり

C●●の数字はリム高です(24がローハイト、35が中間、50と75がディープリム)

それでCLはクリンチャー、TLはチューブラタイヤを意味します。

 

ちなみにクリンチャーはタイヤ交換が簡単で、

チューブラは交換に手間がかかりますが走りが良いのでレース向きです。

 

WH-9000がデュラエースを意味するので最上級モデルで

リムハイトによって使う材質が違うので値段が変わります。

 

C24が前後で9万円と高級ホイールにしては安いので人気です。

 

またC24はローハイトなので重量が約1380gと軽いのも大きいです、

これがC35、50になると値段が高いので手が出せる人が減りますね~

 

【追記分 2017年3月】

シマノ2017年モデルのホイール価格・重量の一覧表は以下のとおりです。

・WH9100-C60-CL 約20万8000円 1789g
・WH9100-C40-CL 約20万0000円 1501g
・WH9100-C24-CL 約14万5000円 1389g

・WH-RS81-C50CL 約12万0000円 1908g
・WH-RS81-C35CL 約9万0000円 1631g
・WH-RS81-C24CL 約7万7000円 1502g

・WH6800 約4万9000円 1640g
・WH-RS610 約3万7000円 1791g
・WH-RS21 約2万4000円 1850g
・WH-RS10 約1万4000円 1869g
・WH-501 約1万2000円 1900g

引用元:シマノ2017年ホイール価格一覧

カンパニョーロ

コンポでのシマノとライバルのカンパはホイールでも人気があります。

 

・カムシンアシンメトリック 約1750g 約2万4000円
・シロッコ35 約1725g 約45000円
・ゾンダ 約1550g 約64000円
・ユーラス 約1460g 約12万8000円
・シャマルウルトラ 約1420g 約16万円
・ニュートロンウルトラ 約1470g 約11万円
・ボーラワン35CX 約1260g 約26万円

・ハイペロンウルトラTWO 約1230g 約50万円

 

まだまだあるのですがシマノ同様に一部だけ載せました~

みたら分かると思いますが値段が高いやつはホント高価です(;^ω^)

 

シロッコ35ブラックは低価格で35㎜のリムハイトが楽しめるので人気です、

価格的にゾンダ、ユーラス、シャマルウルトラあたりは見かけますが、

バレット、ボーラ、ハイペロンあたりは高価なので金持ちしか買えません。

campy-shamel-2waydl-wset-zoom

リアが特長的なG3組のカンパニョーロホイール

 

G3組みと言って、画像の上のやつになりますが

他のメーカーにはない特長的なスポークの組み方です。

 

詳しく書くと1記事分になるので割愛しますが

ちゃんとした意味があってのテクノロジーになります。

カンパニョーロと同じく、人気メーカーである「フルクラム2017年モデルのホイール価格と重量一覧」も読んでくださいね!

個人的な考え

シマノはホイールメーカーと言うよりコンポが強いので

ホイールの完成度でいうとカンパニョーロかな~と感じます、

というかそう言われてるだけで私はカンパのホイールは持ってませんけど(笑)

 

日本のメーカーと言うことでシマノが多い印象ですし

高級グレードのWH9000C24がお手頃なので人気ですが、

 

使ってる人が多いのであえて違うのが良い人は

ユーラス、シャマルウルトラあたりを使う人がいます。

(まあそこまで行ったらマビック、フルクラムって人もいますが)

 

ロードバイク初心者~中級者の方や

パーツにそこまで興味がない方は気にならないと思いますが、

ホイールの構造とかを勉強するとカンパのG3組み、

フルクラムの2to1は個人的に興味があります。

 

正直シマノ、カンパニョーロの比較は乗り比べないと分からないでしょうが、

1900g前後、1700g前後、1500g前後、1300g前後など

軽いモノほど走りが違います(軽量ほど高価)

 

ぶっちゃけ軽ければ軽いほど良いってモノではありません、

だったらなんでC24よりC35、C50が高価なのってなりますし、

ただコレを言い出すと長くなるの今回は止めておきます(笑)

 

とりあえずロードバイク完成車に付いてるホイールは

コストダウンで安いモノが装着されてることが多いので、

1ランクアップするだけで劇的に走りが変わります。

 

高価なだけに効果が大きいパーツなので

計画的にお小遣いを貯めて購入してくださいね!

2017年 3月追記分

フルクラム、カンパニョーロの上位グレードであるレーシング0、シャマルミレなどは乗り心地が硬いです。

「パワーロスがない=振動を拾う=乗り心地が悪い」です。

ヒルクライム・レース用としては有利になるのですがロングライドは辛くなります。

 

乗り心地はシマノのホイールの方が良い、剛性はカンパニョーロ・フルクラムが高い、リムはマビックが軽いなどなど、メーカーによって特徴があります。

自分の好きなメーカーを買うのが一番ですが、ロングライド目的、レース志向、練習用で購入するホイールは変わってきます。

自分の自転車スタイルに合わせたモノを購入してください、特に高級モデルは10万円を超えてきますので、後悔のないように!


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

“ロードバイク人気ホイールメーカー一覧表と価格【シマノとカンパニョーロ】” への2件のフィードバック

  1. 名倉 広海 より:

    私は64歳、定年なしのサラリーマンです。
    5年前から太りだして、これがきっかけでロードバイクを始めました。
    当時85だったのが今は75㎏です。

    • kazu より:

      5年前ってことは59歳から始めたってことですか~
      その年齢からスタートするチャレンジ精神は素晴らしいですね^^

      しかもちゃんとダイエットに成功してるわけですから
      二重の意味で素晴らしいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ