ご案内

ロードバイクアルミフレーム強度、重量が違う、自転車に使うのは?

ロードバイクの素材はアルミ、カーボン、クロモリが主流で

いまはフルカーボン全盛期ですがアルミも根強い人気があります。

 

ロードバイクはクロスバイクより高級なアルミを使うと言いますが

見た目をみてもなにが違うのかサッパリと言う方も多いでしょう。

 

なので今回は自転車アルミ素材について強度、重量などを説明します。

caad10frm_wht

カーボンキラー キャノンデールCAAD10

 

3つの種類がある

アルミフレームと一口にいっても差があり

大きく分けて2000、6000、7000系があります。

 

2000系はアルミ+銅+マグネシウムの合金で

2017、2024アルミが有名で強度はあるが錆びやすく、

ハンドル、シートポストなどパーツ類に使われることが多く

フレームによく使われるのは6000、7000番台になります。

 

6000番台はアルミ+マグネシウム+ケイ素の合金で6063、6061-T6アルミが有名。

強度は7000系より下ですが加工がしやすいので加工費をコストダウンでき、

クロスバイクなどの安いフレームに使われることが多いです。

 

そして7000系はアルミ+マグネシウム+亜鉛の合金で

7003、7005、7075(超々ジュラルミン)が有名で

強度が高く、軽量で高剛性の自転車フレームを作れます。

 

ただ6000系に比べると硬すぎて加工に手間がかかるため

そのぶんコストも上がるので高級アルミロードバイクに使われます。

 

強度が高く、軽量、高剛性が高級アルミ

ここまでの話を簡単にまとめると以下のようになります。

 

・2000 パーツ類
・6000 安価なフレーム
・7000 高級フレーム

 

2000はハンドルなどのパーツに使われ、

6000は7000アルミ自転車フレームに比べて

強度、重量、剛性で負けますが安くて乗り心地も良くなります。

 

7000は強度、剛性が高く、軽量なので高級アルミロードバイクに使われ

ぺダリングロスのないカッチリしたフレームになります。

 

このあたりはカーボンも同じで安いモノは剛性が低いぶん乗り心地がよく

上位グレードのようなレース用機材は剛性が高いぶん衝撃吸収性が落ちます。

 

世界最強のアルミ合金が登場

フルカーボンの方はどんどん開発が進んでますが

アルミ、クロモリは昔に比べると力を入れるメーカーが減ってますね。

 

ぶっちゃけやり尽した感があるんでしょう、

しかし現在最高の7075アルミを超えるモノが登場しました。

 

「メゾ20Zr」という7075アルミの1.6倍の強度をもつ合金です。

 

京都大学院の長村光造教授のグループが開発したアルミ合金で

アルミ+亜鉛+マグネシウム+銅+マンガン+ジルコニウム+銀を混ぜてます。

 

メゾ20Zrがロードバイクフレームに使われれば

現在の高級アルミより軽く、高剛性のモノが作れるでしょう。

 

フルカーボンは衝撃に弱いので落車、転倒で

フレームをぶつけると割れることがありますし、自転車旅の輪行で気を使います。

 

なのでカーボンが好きと言うよりは重量、衝撃吸収性など

性能面でクロモリ、アルミより優位だから選んでる人が多いですね~

少なくともクロモリ、アルミ、チタンみたいに、

その素材自体に強い愛着を持ってる人はいないように感じます。

 

7075よりさらに加工性が悪くなるでしょうし、貴重な金属なので高価になるでしょうが

フルカーボンロードバイクも100万円突破コースの高値なので、

メゾ20Zrを使った自転車で最上位アルミを作ると言うのも面白そうですね^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ