私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

ビンディングペダルをコスパで比較するとスピードプレイはなし?

前に書いた「ビンディングペダル比較記事」の続きになります、

シマノ、LOOK、TIME、スピードプレイで比較してます、

まだ読んでない方は先に読んでおいてください^^

 

すでにご存知の方もいるでしょうが

ビンディングペダルは自転車とシューズを合体させるモノで

ぺダリング効率を上げて速度アップ、疲れを減らすなどの効果があります。

(特にヒルクライムで効果を実感できる人が多い)

 

シマノ、ルック、タイム、スピードプレイの4メーカーが人気で

重量、ダイレクト感、膝への優しさ、裏と表どちらでも着脱できるなど

メリットが多いスピードプレイを私は使ってます。

 

一般的にはコンポからの流れでシマノのSPD-SLを選ぶ人が多いですし

最初はわたしも105のビンディングペダルを使いましたが、

ロングライドの膝痛を考えスピードプレイ(通称スピプー)にしました。

 

コスパで選ぶなら?

見た目の斬新さもあり、膝へのダメージも減らせる上に

ツールなどでも使用者がいたことからスピードプレイが人気に、

そんな人気ビンディングペダルですがデメリットもあります。

 

クリート価格が他メーカーの二倍以上することです。

 

・シマノ 約2000円
・ルック グリップ2300円 ノーマル1600円
・タイム 2100円
・スピードプレイ 5250円

 

ぼったくりバーも仰天の価格設定ですよね~

スピードプレイはクリートの構造が複雑なのでコストがかかるのか

代理店が中間マージンをガッツリ取ってるのか分かりませんが高いです。

IMG_2897

シマノ 黄色クリート

 

シマノ、ルック、タイムは写真みたいな感じで

プラスチック製?のクリートをボルトで止めるだけです。

IMG_0145

スピードプレイZERO クリート

 

スピプーは金属の部分、黄色の部分、丸の中の黒い部分の

3つを重ね合わせて一つのクリートになります。

 

この構造のおかげで他のメーカーも出来る上下、左右以外に

フローティング角度(靴を左右に動かした時の遊び)が調整できますが

値段が高くなってるんじゃないかな~と思います。

 

耐久性は?

わたしがスピードプレイを使い始めた当時

3000キロ走っただけで黄色部分のネジがなくなった、

ペダルとクリートをホールドするC型の金属が割れたなど、

スピードプレイZEROだけに耐久性もゼロと言われましたw

IMG_0164

スピードプレイ用クリートカバー

 

ただネジに関しては装着した状態で漕げる

専用のクリートカバーを使えば大丈夫なんですよね。

 

耐久性ですが1万キロ以上走っても大丈夫でした。

 

3000キロで壊す人はクリートカバーをしてないのか

着脱を強い力でやるのか、漕ぐパワーがすごいのか分かりませんが

わたしの場合は問題なく使うことができました。

 

まあ3本ローラー台も込みの走行距離なので

実走だけだと7000キロくらいになるでしょうが、

それでも前評判よりは長持ちするな~という印象です。

 

まあそれでもコスパが高いのは事実なので

年間走行距離が1万キロを超える人で年数千円差がでます。

 

この金額を節約するためにスピードプレイを

選択肢から外すのもどうかと思いますが、

懐が寂しいお父さんがいるのも事実ですからね(;^ω^)

 

シマノが一番スタンダードなので特に不満がないなら

そのままSPD-SLを使い続けても良いですし、

スピードプレイの前にルック、タイムを経験するのも良いと思います。

 

ペダルに限らずどんなパーツでも最終的には自分との相性なので

色々なメーカーの物を試して自分に合うモノを探してください^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ