ご案内

ロードバイクのヘルメットは義務?自転車の法律は?

ロードバイク乗りの間でもコンスタントに

話題になるのがヘルメット着用問題です。

 

自転車乗りが集まるツイッターなどで定期的に起き

ヘルメットをかぶる派、不要派でバトルを繰り広げ

両者の議論は水平線のまま終わることが多いです。

 

途中くらいから熱くなって人格攻撃をする人もいて

ドロ沼化することが多いのが自転車マナー問題です(;^ω^)

IMG_2867

落車して割れたヘルメット(頭部のケガはなかった)

 

ちなみにわたしはヘルメット着用派ですが

法律上は13歳未満の児童は努力義務になっており、

大人に関しては大阪の堺市、愛媛県などでは

条例で努力義務になってるところもあります。

 

つまりヘルメットをかぶらなくても法律上は問題ないです、

もしオートバイのように着用義務があり罰則もあるなら、

かぶりざるを得なくなるので議論になりませんから。

 

 両者に言い分がある

ヘルメット不要派にもちゃんと言い分があります。

 

1.自転車の重傷、死亡事故で頭部ダメージによるものは約10%

 ヘルメットをかぶってようがあまり関係ない。

 

2.ヘルメットをかぶってる人は自転車の操作が上手いと

 自動車ドライバーが安心するので車幅を寄せる傾向がある。

 

3.ヘルメットをかぶってたことで被害が大きくなった例もある

4.ヘルメット着用が義務になると自転車人口が減る。

 

これ以外にも色々理由はあるのですがヘルメット着用派としては

「それっぽい理由を並べて…結局かぶりたくないんだろ?」

「ださいし、キノコになるし、蒸れるからかぶりたくないんだろ?」

 

このような感じで言い訳してるように聞こえるわけです、

そして両者一歩もゆずらないバトルになるわけです(;^ω^)

 

「事故でケガしても俺の問題なんだから口を出すな」

 

このように言うヘルメット着用拒否派もいますが

それに対してヘルメット着用派の人は

「お前の命はどうでも良いが、ひいた自動車が可哀想」

みたいな感じでヘルメットをかぶらせる方向に持って行こうとします。

 

つまりいつまで経っても答えは出ないわけですよ。

 

自転車マナー問題は難しい

私はロードバイクに乗る時はヘルメットを着用しますから

むかしは「かぶる=正義、かぶらない=悪」みたいな感じでした。

 

ただ今は考え方が変わって、両者の言い分、もっと言うと

ヘルメットを着用した時のメリット、デメリット

かぶらなかった時の長所、短所を見極めて

自己責任で選択すればよいと思ってます。

 

ヘーゲルという哲学者が弁証法と言うのを使います。

 

テーゼ(正)アンチテーゼ(反)ジンテーゼ(合)から成り

自転車でヘルメットをかぶるのがテーゼだとすると

着用しないのはアンチテーゼ、両者を統合したのがジンテーゼです。

 

ビジネスでも最近はこの考え方が取り入れられてますが、

ロードバイクのヘルメット問題もアウフヘーベン出来ないか?

このような観点で見たら良いんじゃないかなーと。

 

自転車はヘルメットをかぶるべきと考える人が正義を主張

着用しなくて良いというエンゾ早川氏的な人も正義を主張

ワンピースの海賊VS海軍の頂上決戦みたいな感じで

どっちもゆずらない状態ではバトルが絶えません。

 

どうしても人間はモノの見方が偏りニュートラルに見れなくなるので

客観的に両方を見比べてみて自分で答えを出せば良いかなーと。

 

私は自転車ヘルメット着用派

わたしは自転車に乗る時はヘルメットを

かぶるべきと決めたので着用してサイクリングします。

 

事故というか落車して転倒した時に

ヘルメットは割れたけど頭のケガはなかった経験もありますし

自転車事故でヘルメットを着用してたから大丈夫だった例

着用してたせいで被害が大きくなったケースでは前者の方が多いので。

 

ロードバイクでのヘルメットは着用は

義務とか自転車の法律がどうこうではなくて

自分自身で答えを出して決めれば良いですし、

答えを出した以上はどちらに転んでも

自分のケツは自分で拭く意識が大切ですね。

 

ヘルメットをかぶる派の人へ

⇒キノコにならないロードバイクヘルメットは?OGK、MET

 


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ