ご案内

うわっ…高い、シマノロードバイク用ディスクブレーキの価格と重量

MTB(マウンテンバイク)ではディスクブレーキが主流ですが

ロードバイクはキャリパー式がほとんどでした。

 

しかしシマノがロードバイク用ディスクブレーキを発売、

電動コンポ、機械式、油圧ディスクなどなど

よりどりみどりすぎて逆に困ってしまいます。

 

そんなシマノディスクブレーキの重量と

価格を調査すると思ったより高いことが分かりました。

articles018465

一覧表

それではさっそくシマノから発売されてる

ロードバイク用ディスクブレーキの価格、重量を書きます^^

 

・デュアルコントロールレバー(ST-R785) 約52000円 498g
・ディスクブレーキ(BR-R785) 約5200円 262g
・ブレーキローター(SM-RT99) 約5700円 126g(160mm) 105g(140mm)
・フロントハブ(HB-CX75) 約5500円 166g 28H
・フリーハブ(HB-CX75) 約1万円 325g 28H 10、11速用
・ディスク用ホイール(WH-RX31) 約2万8000 約2000g 24H

 

ちなみにデュアルコントロールレバーはホース、オイルも付属されており

ブレーキローターはサイズで重量が若干異なります。

 

11速のDi2(電動コンポ)に対応してるので

デュアルコントロールレバーが高いです。

 

デュラエース9000系が約49000円、アルテグラ6800系が3万1000円

電動式の9070は約6万円なのでそれよりは安いですけど

それでも高価であることには変わりませんね~

 

STIレバー、ディスクブレーキ、ローターは必須なので

キャリパーブレーキから交換するなら最低6万3000円

それプラス工賃、ディスク用ホイールが必要なので

シマノのWH-RX31を買っても10万円コースです。

 

ディスクブレーキは金持ち用?

最初から完成車についてるならまだしも

キャリパーブレーキから交換する場合はかなりの出費です、

今までそろえたホイールコレクションが使えなくなるので

ディスクブレーキ用にそろえるとなると数十万円かかりますので(汗

 

電動コンポも金持ち用と言ってもいい価格ですが

ディスクブレーキも高いなと感じますね。

 

まあそれを言い出したらロードバイク自体が

世間一般のママチャリしか知らない人からすると

高級な金持ち用自転車になるのですが(;^ω^)

 

キャリパーブレーキと比較した記事は以下の通り↓

【比較】自転車ロードバイクのディスクブレーキ化VSキャリパー

 

メリット、デメリットを考えても面白いな~とは思いますが

一度ディスクブレーキ化すると後でキャリパーブレーキに戻すとき

また交換パーツにお金がかかりますからね~

 

ちょっと試してみたいで交換するのはどうかな~と思います、

まあよほどお金がある方、雨天レースに決戦用で買うならありですが

一度乗ってみたいレベルならプロショップの試乗車で乗るか

知り合いで持ってる人に乗せてもらった方が良いです。


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ