ご案内

【自転車用カメラ】シマノCM1000とGoProHERO3の価格、機能比較

ロードバイクの走行動画を撮影したいと言うことで

自転車用のウェアラブルカメラを検討してます。

 

自転車用カメラで動画撮影したい!GoPro(ゴープロ)とシマノを比較

前回書いたこちらの記事では書ききれなかった部分を追記しますね~

 

ちなみに2万円を切るモデルとして以下のモノがあります。

 

・GoPro HERO
・ソニー アクションカム HDR-AS30V
・JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA2

 

スポーツカメラで有名なゴープロのHEROは廉価版で操作性が悪く

GoProAppと言うアプリとも非対応なのでないかな~と、

なのでシマノスポーツカメラCM-1000、GoProHERO3で検討します。

CHDHE-301-JP2_04

入門機はゴープロHERO3ホワイトエディション

先ほど書いた通り廉価版のHEROはかなり機能が制限されるので

実質ゴープロの入門機はHERO3ホワイトエディションです。

(アマゾン、楽天だと29000円台で買えます)

 

GoProは人気スポーツカメラメーカーで使ってる人も多く

なにかトラブルがあってもググったら情報がたくさん出るのも強いです。

(ガーミン705の時もネット情報には助けられましたし)

 

1ランク上のシルバーエディションは

アマゾンだと52000円ですが、楽天市場だと39900円でした、

なのでホワイトエディションとの差は実質1万円です。

 

ゴープロの公式HPを見ても違いが分かりにくく比較しずらいのですが

入門機のホワイトエディションだと1080Pでの画角がミドルのみ

シルバーだとウルトラワイド、ミドル、ナローから選べます。

 

なので広い画角でビデオ撮影したいなら

GoProシルバーエディションが良さそうです。

 

ちなみにハイエンドモデルのブラックはリモコンがついてます、

このリモコンは別売りだと1万円以上するので

遠隔操作したいならシルバーよりブラックがお得です。

 

自転車用のシマノスポーツカメラCM-1000、

HERO3のホワイト、シルバーはリモコンはありませんが

スマホアプリで遠隔操作は出来るようです。

 

まー、釣りとかで使うならスマホでも良いですが

自転車だったら降りて携帯電話を用意して

操作して撮影することになるのでメンドクサイですね。

 

「それならGoProブラックエディションで決まり!」

と思いアマゾンを見た69000円でした(;^ω^)

買えない金額じゃないけど流石に高いな~と感じます。

 

CM-1000はぶっちゃけどうよ?

なのでこの時点で候補にあがってるのは

GoProHERO3のホワイトエディションが最有力で

プラス1万円でシルバーを買うべきかどうかと言う感じです。

 

画角を考えるとシマノCM1000の強いのですが

アダプター、SDカード別売りだから3万円は超すしな~

 

またカタログ上では連続撮影2時間と書いてますが

実際にもってる方いわく1時間~1時間半でバッテリーは切れるそうです。

shimano-sportcamera_01

シマノスポーツカメラ CM-1000 約2万8000円

 

重量86gでコンパクトかつ軽量なのは良いのですが

シンプルすぎて自分がなにをしてるのか分からなくなるようです。

 

表示画面がないので電子音のパターンで判断するしかなく

スマホの専用アプリで操作しないと厳しいようです(;^ω^)

 

ただGoProより使ってる人が少ないので

人柱としてシマノを選ぶのも面白そうです。

 

またHERO3ホワイトエディションを見ると

アマゾンは在庫なし、楽天でも欠品で入荷未定が多いです、

ゴープロからHERO4が発売されたので

生産中止で在庫をお取り寄せになるのかもしれません。

 

GoProヒーロー3を買うか?シマノCM1000を買うか?

長くなったので続きは↓の記事に書きました~

⇒自転車カメラ購入(シマノCM1000)いきなり不具合発生?

 


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ