ご案内

テレビCMから学ぶマーケティング、人を引き込むストーリー

テレビCMってまわりくどい説明のモノが多いですよね、

アレってなんでだと思いますか?

 

実はですね、そのままダイレクトに

商品の特性、価格を言っても誰も見ないからです。

 

見てくれないと言うことはCMの効果は全然でませんから、

とにかく見てもらう必要があります。

 

そこで大切になるのがストーリー性、隠れたメッセージ性です。

 

花王エッセンシャルのCM

 

このCMなんかは分かりやすいです。

 

1.髪が傷んでる人の気持ちを悩み
2.痛んだ髪を治してくれる
3.使用することによる明るい未来

 

この順番で構成されており、シャンプー、化粧品などは

使用後の輝かしい未来を必ず見せます。

 

すると無意識のうちに自分を重ね、商品が欲しくなるんですよ、

これをマーケティング用語でベネフィットと言います。

 

ちなみに価格、商品の特性などは機能的価値と言われ、

女性の人はこの部分を押しても反応しずらいと言われます。

 

ロードバイクの場合、男性なら重量、価格、材質などの

スペックをずらずらと並べても購入してもらえますが、

女性の場合はデザイン、それを所有することによる

明るい未来(楽しく走ってる光景)が想像できないと動きません。

 

これを心理的価値と呼びます。

 

機能的価値(重量、薄さ)などを押して失敗したのがSONYで

ワクワクする未来(心理的価値)を見せて成功したのがアップルです。

 

心を動かせば勝ち

USJワンダークリスマス テレビCM

 

これとか子供が見たらワクワクしますよね、

ベネフィットをガンガン見せてます。

 

しかし一番重要なのは7秒で一瞬だけ移る後姿の人、

23秒以降にハッキリ出るもう一人の登場人物です。

 

娘って言うのは母親より父親の方が可愛がります。

そしてUSJに行くことを最終決定するのは子供ではなく親です。

 

なので親が子供を連れて行きたくなるような構成にしてるってわけです。

 

最後に笑う女の子を見下ろす父を自分を重ねるんですよ、無意識的に、

なので「よし! 娘を連れて行くか!」このようになるって寸法です(笑)

 

このCMは完全にファミリー向け、

その中でも父親にターゲットを絞って作られてます、

これがカップル向けだったら全然違うモノになるでしょうから。

 

このような感じで考えるトレーニングをすると

自分のビジネス、ブログの記事に生きてきます。

 

さりげない文章を混ぜることで

読んでもらいたい人のハートをつかめるんですよ^^

 

・どんな意図で作られたのか?
・どんなメッセージ性なのか?
・そんなストーリーなのか?

 

こう言った観点でみると色々発見があります、

テレビCMからも学ぶことはありますので、

これからは注意して見るようにしましょう^^

 


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ