ご案内

シマノFC-RS500クランクの重量34-50T【shimano】

シマノFCRS500

シマノFC-RS500は完成車についてるクランクで、日本では単体で購入することはできません。

アマゾンに販売ページはありますが、「この商品は現在お取り扱いできません」と表示されています(汗)

価格は約1万1000円で、重量は170mmのコンパクトクランク(50×34T)だと、付属ボトル込みで重量は約800gとなっています。

シマノ105クランクは750g以下なので、性能面ではFC-RS500の方が下だと言うことが分かります。

5アームなのがレア

昔はデュラエース、アルテグラも5アームでしたが、いまではエントリーモデルに装着されることが多い、ティアグラでも4アームになっています。

そんな中、shimanoのFC-RS500クランクは11速にも関わらず5アームなので、レア度は高いと言えますよね。

カラーはシルバー、ブラックがあり、「4アームはビジュアル的に、どうも受け入れられがたい。でも11速がいい」という方にとって、最後の砦となるコンパクトクランクですね(^^)/

ちなみにシマノのカタログを見ても載っていないので、知る人ぞ知るレアなクランクがFC-RS500クランクになります。

性能は?

価格が安いクランクは剛性が心配だと思いますが、シマノ製なのでよほど剛脚じゃないかぎり、柔らかいとは感じないでしょう。

もともとはエントリーモデルのロードバイク完成車に装着されるクランクなので、不満を感じる人はほとんどいないんじゃないでしょうか?

ジャイアントを筆頭に2015~2016年モデル完成車に取り付けられており、初めてロードバイクに乗る人はクランクの違いを感じないので、これで大丈夫です。

また変速性能もシマノだけあって、カッチリと決まりますので、FSAとかに比べればマシだと感じますね~

ランクアップするなら?

もしFC-RS500クランクに不満を感じる、4アームが主流なので5アームはイヤなら、シマノ105以上に改造をすることをおススメします。

ティアグラ、ソラ、クラリスなどに変更すると違いが分からないので、交換するなら105、アルテグラなど上位グレードのクランクにしましょう。

変速性能、剛性は105の方が良いですし、重量も約70g軽くなるので、改造して変化を感じることができると思います。

ちなみにFC-RS500の歯数は50×34のコンパクト、52×36Tのノーマル、46×36Tの3つのラインナップがありますので、改造するなら歯数も考えてくださいね~

買い替えるのもアリ

私もそうだったのですが、初めてロードバイクを購入するとき、メーカー、価格、全体的なコンポーネントは気にしますが、クランクは気にしてなかったです。

FC-RS500クランクはshimanoと刻印されてますので、よほど詳しい人じゃないと「これは105とのミックスコンポだな」と気付かないはずです。

そもそも一般的には「FC-RS500」を知らないってロードバイク乗りがほとんどですからね(汗)

この記事を読んでるあなたは型番まで知ってるので、十分すぎるほどマニアックな自転車乗りと言うことになりますが(笑)

 

あとから「FC-RS500クランク」と言うことを知った場合、先ほど書いたとおりシマノ105に変更するのもアリです。

ただすでに完成車の走行距離が1万キロを超えているなら、クランクはそのままにしてお金を貯めて、次はオール105の完成車を買うのもありだと感じます。

また個人的な感覚としてはクランクはアルテグラ以上にすると、大きな変化を感じられますので、お金をためてアルテ、デュラエースにするのもアリだと思います^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ