ロードバイクのコンポ

ロードバイクの変速機ギアを見てみると「SHIMANO  TIAGRA」と書いてるけどなに?

 

このように思ったことがあるのはあなただけではありません、私もロードバイク初心者のときは「?」でしたから。

先ほどの「SHIMANO TIAGRA」は、自転車パーツメーカーの大手企業であるシマノのティアグラと言うグレードのコンポを意味します。

 

コンポとはコンポーネントの略で自転車を構成するパーツ。

クランク・ブレーキ本体・変速機・ギアなどをまとめてコンポと呼ぶんですよ。

そこで今回はシマノのコンポ・変速機ギアのランクについて解説します^^




ロードバイク変速機ギアのランク

シマノコンポのグレードは以下のようになります。

デュラエース>アルテグラ>105>ティアグラ>ソラ>クラリス

 

左に行くほど価格が高くなりますが性能も上がます。

  • デュラエース 20万円以上
  • アルテグラ 約9万円
  • 105 約6万円
  • ティアグラ 約4万円
  • ソラ 約3万円
  • クラリス 約2万円

クラリスの下にターニーA070というモデルがありますが、5万円以下の完成車についてることが多く、いわゆるなんちゃって自転車に使われることが多いので割愛します(汗)

デュラエース・アルテグラはプロ選手も使っており、我々アマチュアレベルなら十分すぎるほどのスペックです^^

ソラ・ティアグラは街乗り用。105はレース用でちょうど真ん中に位置するコンポなので人気があります。

 

105が装備されたミドルグレードのロードバイクは、どのメーカーも力を入れてるのでお買い得感がありますね。

だいたいこのグレードからフルカーボン製のフレームになりますので^^

こちらの記事もよく読まれてます!

シマノのホイール価格と重量一覧まとめ

フレームメーカーとシマノは違う会社

キャノンデールのロードバイク

自転車を買う時はフレーム・ホイール・タイヤ・コンポが、すべて取り付けられた状態で買うことが多いですよね?

でもコンポはシマノ・カンパニョーロ・スラムなどの自転車パーツ会社が作っています。

 

これは自転車業界だけに限らず自動車メーカーも同じことをしてます。

例えばトヨタのクラウンと言う車がありますが、あれは全てのパーツをトヨタが作ってるわけではありません。

色々な部品制作会社がパーツを作ってトヨタに納品。それを集めてトヨタが組み立ててるだけです。

 

ロードバイク・クロスバイク・MTBなどのスポーツ自転車は、フレーム+コンポ+ホイール+タイヤ+サドル+ハンドルなどで一つの自転車になりますが、その中でも重要視されるのがコンポです。

なぜなら走行性能に直結するパーツになるからです。

なので初めてロードバイクを買う時は好きなメーカーを選び、そのあと予算に応じてどのグレードのコンポにするかを選びます。

 

グレードが上がるとコンポもランクアップします。

ただそのぶん値段も上がるので、シマノのコンポのランクを知っておかないとダメですよ~

スポンサードリンク



コンポも含めた完成車の価格

ロードバイクを買うお金

シマノのコンポーネントはコストパフォーマンスが高いので、クラリス・ソラ・105などは大きな価格差がないように感じるはずです。

ただ先ほど話したとおり、自転車はコンポ以外にもフレーム・ホイール・タイヤ・サドル・ハンドルなどなど、色々なパーツが必要なので、完成車にはその価格も上乗せされます。

  • デュラエース完成車 50万円以上
  • アルテグラ完成車 30~40万円以上
  • 105完成車 20万円台
  • ティアグラ完成車 15万円前後
  • ソラ完成車 10万円前後

初心者の方が初めて買うエントリーモデルだと、ティアグラ・ソラが使われることが多いですね(私が初めて買ったピナレロFP1もティアグラでした)

金銭的に余裕があったり、最初からレースに出場することを視野に入れてる人は、105の完成車を買うことが多いです(ミドルクラスなのでコスパ最強)

デュラエース・アルテグラはプロが使うような機材ですが、金持ち・ガチ勢・ロードバイクにハマった人は大枚はたいて買ってます(笑)

コンポのランクを見分ける方法

ロードバイクのチェーンリング

パッと見てもどのランクか分からないと思いますが、カタログにコンポのグレードが書いてます。

またカタログを見なくても、実物のリア変速機・クランクに刻印された文字を読めば分かりますね(画像をみると105と書いてるのがわかると思います)

 

ただ変速機は105だけど、クランクはティアグラみたいなミックスした組み合わせをするメーカーもあるので注意が必要です。

いわゆるMIXコンポ車と呼ばれ、自転車メーカーがコストダウンのために、コンポーネントを混ぜて販売してるわけです(;^_^A

そう言うメーカーのエントリーモデルに限って、購入者が初心者でなにも知らないだろうと踏んで、変速機ギアだけ105、それ以外はティアグラにして、105仕様車とか言って売り出しますので…

 

クランクがシマノ製ならまだしも、FSA製とかだったら変速性能に差がありますので注意が必要ですね~

クランクはシマノ、カンパニョーロ製が最高レベルで、それ以外のサードパーティー制は変則性能・剛性がイマイチと言われますから。

 

変速機ギアが一番目立つので目がいきますが、クランク・ブレーキ・STIレバーなどにも刻印はあります。

なので購入前に一通り確認するか、カタログでチェックしてください。

コンポーネントの一式組み換えは、手間がかかるので工賃も時間も取られますから、後悔しないように下調べをしてから選んでくださいね(;^ω^)

こちらの記事もよく読まれてます!

シマノ新ティアグラ4700系と105の価格比較