私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

これは便利!シマノMTB(マウンテンバイク)コンポグレード一覧表

ロードバイク、クロスバイクに乗ってる人は

デュラエース、アルテグラ、105などのロード用コンポは分かりますが

シマノのMTB用コンポはサッパリと言う方が多いです。

 

実際問題わたしもあまり詳しくないのですが

マウンテンバイクを購入するか検討してた時に

少しだけかじったので多少は分かります。

 

ただこう言ったランク分けと言うか、コンポグレードの一覧は

自転車ブログをやってる方は情報発信者として知っておくべきでしょう。

 

と言うわけでシマノMTB用コンポについて書いていきます^^

xtr_image_-groupTextImage-Single-image_dash_512_384

シマノMTBコンポ XTR

 

コンポグレード一覧表

マウンテンバイクはロードバイクと違って

クロスカントリー、トレッキング、ダウンヒル

フリーライドなど色々なジャンルがあります。

 

XTR>デオーレXT>SLX>デオーレLX>デオーレ

アリビオ>アセラ>アルタス>ターニー

 

XTRはクロスカントリー向けの最上級コンポになり

デオーレXT、SLX、デオーレLXと続きます、

このあたりは名称が違いますがロードバイクコンポでいう

デュラエース、アルテグラ、105みたいなものです。

 

Deoreが定価10万円クラスのMTBに使われることが多いコンポで

本格的に山を楽しむならデオーレ以上が良いです。

 

アリビオ以下は10万円以下のモデルに装着され

アセラが6万円前後、アルタスは4万円前後の

完成車に使われることが多いのでいわゆるMTBルック車になります。

(なんちゃってクロス、ロードバイクみたいな感じ)

 

ちなみにセイント、ZEEと言うシマノMTBコンポもありますが

これはダウンヒル、フリーライド用になるので

先ほど説明したクロスカントリー用とは異なります。

(SAINTとZEEの場合は前者が上位モデル)

 

MTBのダウンヒルはロードバイクのように

舗装された下り坂ではないので激しいです、

なので段差などの衝撃、高荷重に耐えれるような

専用のコンポが必要になってくるわけですよ~

 

まあこのあたりごちゃごちゃしてて分かりにくいと言うか

XTR、SLXとかデオーレXT、LXとか似たような名称があるので

どれがどれか混乱しそうです(まあMTB乗りの方は分かるんでしょうが)

 

ダイナシスってなに?

シマノのマウンテンバイク用コンポを調べてると

ダイナシスというテクノロジーを知りましたが

公式HPの動画をみてもサッパリわかりません…

 

電動コンポとかじゃなくてクロスレシオにして

変速性能が…32Tのミドルギアが…泥だらけの道でも…

「お、おう」って感じでサッパリわかりません(;^ω^)

 

ギア比を変えただけだったり、泥つまり性能が上がっただけなら

新しいシステムみたいな感じでダイナシスとか名前まで付けないでしょうから

私が理解してないだけで画期的なシステムなんだと思いますが…

 

なにせ説明を読んでも、動画を見てもサッパリわからないと言う…

このあたりホント日本企業はヘタクソだな~と思います。

 

アップル社のスティーブンジョブズのプレゼンの

封筒から出したマックブックエアーのとか直感的に分かるじゃないですか

あんな感じで直感的に分かるようにしなきゃダメだよな~感じます。

 

MTBはロードバイクに比べて自転車ブログを

やってる人が少ないのでググっても情報が少ないと言うか、

分かりやすく解説してるブログにたどり着けなかったです(;^ω^)

 

ちょっと気になるけどロードバイククラスタだから

まあ良いや~と言うことで終わらせていただきます(笑)


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

“これは便利!シマノMTB(マウンテンバイク)コンポグレード一覧表” への2件のフィードバック

  1. ニシ より:

    そんなに難しくないですよ。
    基本的には、3種類のモデルグループと考えて良いと思います。
    レーシングのXTR
    モデルのディオーレグループ
    下る為のセイントグループ
    しかありません。
    XTRは、先行技術を入れたレーシングモデルです。デュラエースにあたります。
    ディオーレグループは、XT,SLX,無印=アルテグラ、105、ティアグラです。
    セイントグループは、小径車用のカプレオぐらいジャンルが違うと思って頂けたらと私は、思います。
    ちなみに画像は、2代前のものでLXは、クロスバイクの専用モデルになってます。

    • kazu より:

      ニシさんへ

      なるほど~単純に私がMTBを持ってないから
      分からないんでしょうね(;^ω^)

      ロードバイクを始めて購入する人が
      コンポのグレードを聞いてもピンとこないのと同じで
      MTBコンポも実際にマウンテンバイクを買って
      乗るようになればすぐ覚えれるんでしょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ