ご案内

自転車グッズ、パーツの耐久性と買い替え時期(ロードバイク編)

ロードバイクのグッズ、パーツの耐久性

買い替え時期ってどのくらい?

 

これからロードバイクを購入しようと思う人

新しいグッズ、パーツを買い替えようと思う人は

かなり気にする問題でもあります。

 

なぜかと言うと耐久性が低く、買い替えサイクルが早いと

そのぶんお金がかかるので出費もかさむからです。

 

そこで今回は自転車グッズ、パーツの

耐久性について書かせていただきます。

 

IMG_2752

 

ずっと使えるのでは?

タイヤ、チェーンのような消耗品は

5000キロに1回交換した方が良いと言いますが、

それ以外のグッズは長持ちする印象です。

 

・携帯用ポンプ
・フロアポンプ
・サイコン
・ボトルケージ
・サドルバック
・ワイヤー錠
・タイヤレバー

 

これらのグッズはクロスバイクに乗ってた頃

 2009~2010年に購入したモノを今でも使ってます。

 

デザインに飽きたり、新商品が欲しくなって

買い替えをしなければそれこそ

ずっと使えるのではないかと錯覚するくらいです。

 

ダイヤモンドは永遠の輝き

自転車グッズは永遠に使えるみたいな(笑)

 

まあ流石にそれはないと思いますけどね~

ライトも雨天走行で水が入って

故障しない限りは長く使えるでしょうし

 

携帯工具、ディスプレイスタンド、ボトルなど

使おうと思えばずっと使用できます。

 

なので買う時は高いと感じるでしょうが

長い目でみたコスパは良いです。

 

パーツは気の持ちよう?

ロードバイクのコンポ、フレーム、ハンドル

サドル、ホイールなどなど走行距離が伸びれば

確実に性能が落ちるのは間違いないです。

 

特にレース用の高級アルミ、カーボンは

賞味期限が短いと言われます。

 

ただ性能低下はガタッと来るモノではなく

徐々に下降線をたどっていくわけですから

その変化に乗ってる人が気付けるかと言うと?

 

プロ、レース志向のアマチュアは気付くかもですが

我々のように週末に少し乗るくらいでは

分からないんじゃないかな~と。

 

パーツ類は人によって買い替え時期の定義が違って

賞味期限が切れたら終わりと言う方は

5000キロ走ったらホイールをヤフオクで売って

新しく買い替えると言う方もいます。

 

ただ壊れない限りずっと乗れると考える人もいて

どこが買い替えタイミングかは人によって違います、

限界まで乗ってポッキリ折れて事故は嫌ですが

どこまでが限界か厳密に決まってるわけでもないですし。

 

クロスバイク(ジャイアントEscapeR3)は

2009年に購入して今でも乗ってますからね。

(そろそろ買い替えようと思ってますが)

 

それにロードバイクのコンポ(アルテグラ)は

かれこれ4万キロ以上は走ってますし、

ハンドル、ステム、シートポストも長年使ってます。

 

ウェアもずっと使える

そう考えると自転車ウェア、グローブも

長年使ってるな~と感じます。

 

普段着と違って毎日着るわけでもないので

破れたりすることはないですからね。

 

グローブは穴あきまで使って

買い替えたって話は聞きますけど、

サイクルジャージをボロボロになるまで

使ったと言う話は聞きませんからね~

 

ヘルメットも安全性を考えて

耐用年数は3年となってますが

人によっては割れてないから

そのまま使い続けるって人もいます。

 

自転車グッズ、パーツ、ウェアは

耐久性が問題となって買い替えると言うより

デザイン性、性能、重量などなど

新商品が欲しくなり買い替えることが多い。

 

これでファイナルアンサーじゃないでしょうか^^

なので購入前に耐久性が…とか気にすることはないです。

 

例えば自動車を20万キロ以上乗りつぶす人もいれば

2~3年に1回のペースでドンドン買い替える人もいますよね、

これと同じでクロス、ロードバイクのグッズやパーツも

使い倒すか、新商品を買いまくるかは自分次第ってわけです。

 

買い替えさそうとするメーカーは悪か?

自転車グッズに限らずどんな商品でも

ガンガン買い替えてくれないと困るわけですよ。

 

だって新商品が売れようが売れまいが

社員に給料を払わないといけないわけですから…

 

アレコレ新機能をつけたり、たった少しの

マイナーチェンジをして新商品を売り出す

メーカーを責めるのは酷かな~と思います。

 

AKB48の特典商法を批判する人もいますが

CDが売れない時代でも音楽業界で働く人はいるわけで、

その人たち家族、子供にも生活があるわけですから

仕方ないんじゃないかな~と感じます。

 

ガンガン作って、ガンガン消費する

そうしないと経済が成り立たないですから、

実際、日本人はお金持ちだけど貯金ばかりして

お金を使わないから不景気になるわけですから。

 

シマノのコンポが耐久性が良いからって

私みたいに1世代前のアルテグラを

みんなずっと使ってたらシマノが倒産しちゃいます。

 

ロードバイクのフレームが壊れるまで

ずっと買い替えなかったらメーカーが潰れます、

なので気に入った商品はガンガン買うようにしましょう^^


スポンサードリンク


おすすめ記事


合わせて読みたい記事


スポンサードリンク


愛車を高く売ってグッズを買うお金をGET

私がフィットを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が22万3000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。

申込みは1分もかからず、すぐに高額査定の会社が分かるので便利です。



⇒かんたん車査定の一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ